新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年05月05日 18時34分 JST

感染者495人分の氏名や入院先を公式サイトで公開。愛知県庁「エクセルファイルを誤って...」

患者の氏名や入院先医療機関、それに入退院日などが閲覧できる状態だった

愛知県は5月5日、新型コロナウイルスに感染した患者のうち、495人分の氏名や入院先などの個人情報を誤って公式サイトに掲載していたと発表した

愛知県の発表によると、掲載されたのは5月5日午前9時半からおよそ45分間。県民から個人情報が掲載されている旨の指摘があり、削除したという。

本来は年代や性別など、個人が特定されない情報に限って掲載しているが、患者の氏名や入院先医療機関、それに入退院日などが閲覧できる状態だった。

愛知県によると、通常はこれらの情報が全て載ったエクセルファイルから、個人情報の部分を削除したファイルを作って公式サイトにアップするが、今回は誤って削除されていないファイルを掲載してしまったという。

アップした日は、Webページの作成者と承認者が同一人物であったため、ダブルチェックができていなかったといい、今後は複数担当者でのチェックを徹底する。

個人情報が掲載された患者には、順次連絡しているという。愛知県は「このような事態を招いたことを深くお詫びしますとともに、今後、ダブルチェック等の対応を徹底し、再発防止に努めてまいります」としている。