WORLD
2020年05月29日 17時27分 JST

Twitter、トランプ大統領のツイートに今度は「暴力の賛美」で違反認定

ツイートはルール違反認定こそされたものの、「公共性があると判断した」として閲覧することができる

Twitterとトランプ大統領の“応酬”が続いている。

Twitterは5月29日、黒人男性が警察官に首を抑えられ亡くなった事件への抗議活動が起きたミネアポリスについて言及したトランプ大統領のツイートについて、「暴力の賛美についてのルール」に違反したとのラベルを表示させた。

トランプ大統領は、抗議活動が続くミネアポリスについて「こんなことが起きるとは、見ていられない。リーダーシップが欠けている」とジェイコブ・フレイ市長を批判した。

そして次のツイートで、ミネアポリスのあるミネソタ州のティム・ウォルツ知事に対し軍隊を出動させることも可能だと伝えたとし、「略奪が始まれば銃撃する」とつづった。

このツイートは、ルール違反認定こそされたものの、「公共性があると判断した」として閲覧することができる。

Twitterはこれまでにも、トランプ大統領の郵送投票に関するツイートに対して「ファクトチェックが必要」とのラベルをつけていた。トランプ大統領はこれに対し、「プラットフォームを強く規制するか、閉鎖させるべきだ」と反撃していた。