アートとカルチャー
2020年07月10日 11時52分 JST

『コクリコ坂から』『となりのトトロ』など5週連続で金曜ロードSHOW!で放送。「夏アニ2020」放送日時と作品概要は?

『聲の形』『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』『となりのトトロ』『コクリコ坂から』『借りぐらしのアリエッティ』の順に放映されます。

日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』が7月31日から5週連続で、「夏アニ2020」として、日本の劇場アニメ作品を放送する。

ラインナップは、『聲の形』、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』、『となりのトトロ』、『コクリコ坂から』、『借りぐらしのアリエッティ』など全5作品。

 

『金曜ロードSHOW!』公式サイトより
『聲の形』、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

『聲の形』7月31日放送

『聲の形』(2016年)は京都アニメーションが制作し、山田尚子さんが監督を手掛けた。聴覚障害を持つ硝子と、彼女へのいじめに加担していた過去を持つ将也を中心とした青春物語。

フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭など国内外の映画祭でも高い評価を得ている。俳優の松岡茉優さんが小学生の将也、声優の入野自由さんが高校生の将也、早見沙織さんが硝子を演じた。

 

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』8月7日放送 

ノーカットで地上波初放送の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(2017年)は、岩井俊二監督のドラマを原作に、実写版『モテキ』『バクマン。』を手がけた大根仁さんが脚本を務めた。

中学1年の夏、少年と少女の“繰り返される夏の一日”を描くラブストーリー。広瀬すずさんと菅田将暉さんがメインキャラクターの声優を務めた。主題歌は、「DAOKO×米津玄師」による「打上花火」。

『となりのトトロ』8月14日放送

8月14日からは、ジブリ作品を3週連続放送。初回は、宮崎駿監督の名作『となりのトトロ』(1988年)。

家族と郊外に引っ越してきたサツキとメイの姉妹。2人は、小さくて真っ黒なオバケ、マックロクロスケを家の中に発見する。さらに、森に住む不思議な生き物トトロや颯爽と走るネコバスに出会う夏の一時を描いたファンタジー作品。

『金曜ロードSHOW!』公式サイトより
『となりのトトロ』、『コクリコ坂から』、『借りぐらしのアリエッティ』

『コクリコ坂から』8月21日放送

コクリコ坂から』(2011年)は、宮崎駿さんが企画・脚本、宮崎吾朗さんが監督を務めた。

舞台は、1964年の東京オリンピックの前年である1963年。主人公である16歳の少女・海が、高校の文化部部室の建物「カルチェラタン」の取り壊しに反対する学生との交流を通して成長し、家族の歴史を知る物語。

 

『借りぐらしのアリエッティ』8月28日放送

イギリスの作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を、スタジオジブリが映画化した『借りぐらしのアリエッティ』(2010)。

身長10センチのアリエッティ一家は、「決して人間に見られてはいけない」という掟を守りながら、家の床下で生活品をこっそり借りて暮らしていた。引っ越してきた少年とアリエッティの交流が始まるが、それがアリエッティ一家に危機を招くことになってしまう…。

 

いずれも放送は夜9時から。なお、7月10日は『オーシャンズ8』、7月24日は『ジュラシック・ワールド/炎の王国』がそれぞれ放送される。