アートとカルチャー
2020年06月19日 11時05分 JST | 更新 2020年07月10日 13時48分 JST

金ロー『オーシャンズ8』など地上波初放送⇒歓喜の声や「担当者変わった?」と憶測も

『金曜ロードSHOW!』での放送が決まったのは『レディ・プレイヤー1』『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を加えた3作品だ。

日本テレビ公式サイトより
『金曜ロードSHOW!』で7月に放送される3作品

日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で7月、『レディ・プレイヤー1』『オーシャンズ8』『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が地上波初放送される。公式サイトで6月19日、発表された。ネット上には喜びの声とともに、「中の人」の変化を憶測する人も。

公式サイトでは3作品について「家族みんなで楽しめる洋画大ヒット作」と紹介している。

 

放送される3作品、どんな内容?

 

『レディ・プレイヤー1』

7月3日に放送されるのは、スティーヴン・スピルバーグ監督のSFアドベンチャー『レディ・プレイヤー1』。2045年、誰もがなりたい自分になれるバーチャル・リアリティの世界「オアシス」を舞台に、56兆円を巡る全人類による争奪戦を描く。

ガンダムやメカゴジラ、ハローキティなど日本のキャラクターや、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのタイムマシン・デロリアンが登場するなど1980年代カルチャーへのオマージュに溢れた世界観という。

 

 『オーシャンズ8』

7月10日に放送される『オーシャンズ8』は、女性だけの犯罪チーム「オーシャンズ」がニューヨークで行われる世界最大のファッションショーで総額1億5千万ドルの宝石を狙う様子を痛快に描く。

大ヒットした『オーシャンズ11』などのシリーズで活躍した窃盗犯のダニー・オーシャンの妹が主人公で、演じるのはサンドラ・ブロック。他にケイト・ブランシェットやアン・ハサウェイ、世界的歌手のリアーナが出演するなど、キャストがとにかく豪華。『オーシャンズ11』などこれまでのシリーズを見ていなくても楽しめる。

 

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

7月24日は、「ジュラシック・パーク」シリーズ第5弾の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を本編ノーカットで放送。前作『ジュラシック・ワールド』から3年後。廃墟となったテーマパーク「ジュラシック・ワールド」では恐竜たちが自由に生活しているが、火山噴火の予兆が観測される。恐竜たちの生死を自然に委ねるか、命をかけて救うか、選択を迫られる人間たち。一方で、遺伝子操作により史上最強の新恐竜が誕生する。

政策総指揮をスティーヴン・スピルバーグが務め、前作から引き続き、クリス・プラットとブライス・ダラス・ハワードが共演する。

※いずれも放送は夜9時から。7月17日の放送作品は未定という。

 

「担当者変わった?」

6月の「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作の放送に続くサプライズにネット上の映画ファンは歓喜。

「いい仕事しすぎ」「金ローありがとう」など喜びの声が上がっているほか、「担当者変わった?」 「これまでの金ローじゃないというメッセージを感じる」などの憶測も飛び出していた。