3分で学ぶ世界
2020年08月17日 17時58分 JST | 更新 2020年08月18日 13時42分 JST

世界は浜松より暑かった。アメリカ・デスバレーで「54.4度」。現地で1913年以降、過去最高気温か

確定すれば、デスバレーでは1913年7月以降、最も暑い日となる。地球規模でも、過去最上級に暑い日となる。

Steve Marcus / Reuters
A sign warns of extreme heat as tourists enter Death Valley National Park in California June 29, 2013. The high temperature reached 128 degrees fahrenheit. REUTERS/Steve Marcus (UNITED STATES - Tags: SOCIETY TRAVEL ENVIRONMENT)

世界は、浜松よりもはるかに暑かった。

静岡県浜松市で8月17日、国内最高気温に並ぶ41.1度を記録した。その前日、世界では、過去最上級の暑さを経験していた。

なんと54.4℃だ。

アメリカ国立気象局がTwitterで発表した。

観測場所は、アメリカ・カリフォルニア州のデスバレー。あまりに過酷な環境からそう呼ばれている。

アイオワ州立大学によると、 8月16日午後3時41分に華氏130度(摂氏54.4度)を記録した。この気温は現時点では公式ではないという。「極端な気候現象のため、記録された気温に対して正式な検証が必要」と説明している。

確定すれば、地球規模でも過去最高クラスの気温となる。

だが、1位ではない。ギネスによると、過去最高の気温は56.7℃。1913年7月10日に、同じくデスバレーで記録されたものだ。