NEWS
2020年08月28日 16時46分 JST

「県庁の垂れ幕どうなる?」安倍首相の辞任意向報道で、山口県庁に聞いてみた

山口県庁には在職日数が歴代最長になったことを記念した横断幕が掲げられ、賛否を呼んでいた。

山口県の公式サイトより
安倍首相の在職日数歴代最長を祝う横断幕のデザイン

「祝 安倍晋三内閣総理大臣 総理連続在職日数歴代最長達成」

8月24日、安倍首相の地元、山口県の県庁にこんな25文字の横断幕が掲げられ話題になった。

安倍首相は同日、大叔父にあたる佐藤栄作元首相の連続在職日数を超えて最長政権となった。横断幕はこれを祝ったものだ。

県の発表によると、県政資料館、県下関総合庁舎には同様の看板を設置した。朝日新聞によると、制作費など計22万円を公費から支出したという。これに対して「誇らしい」という意見がある一方で「特定の政治家のことを祝うべきではない」などとする声も上がり、賛否を呼んでいた。

 

設置から4日後に「辞任の意向」と報道

しかし歴代最長達成から4日後の8月28日。安倍首相が辞任の意向と報じられた。

祝ったそばから辞任が報じられたこの状況。県はこの横断幕をどうするのだろうか。

ハフポスト日本版が山口県庁の担当部署に取材すると、「横断幕ですか…それは今どうするかというのは特にまだ意思決定がなくて」と困惑気味(当たり前か…)。「まだ会見もこれからですので特にこれ以上お話しできることがありません」としていた。

SNS上でもこの横断幕のことを気にする人が出始めている。「わずか5日の命」「もしかして横断幕として飾られた期間の最短を記録出来るんじゃないですかね?」などと話題になっている。

設置はもともと10月9日までの予定だったが、どうなるか。