2020
2020年12月31日 23時17分 JST

紅白歌合戦、嵐のメッセージ全文 「嵐が去った後に、虹のかかった美しい空が…」

最後は「またね」と笑顔で締め括りました。

Getty
イメージ写真

僕たちの嵐は、一旦止みます。嵐が去った後に、虹のかかった美しい空が、どうか皆さんの前に広がりますようーー。

2020年12月31日で活動を休止するジャニーズのアイドルグループ「嵐」が第71回紅白歌合戦で「嵐×紅白 2020スペシャルメドレー」を披露し、1人ずつメッセージを送った。

 

一曲目に歌ったのは、「NHK2020ソング」として夏に開催される予定だった東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げるはずだった『カイト』。

新型コロナウイルスに翻弄された2020年を振り返る動画が流れたあと、コロナ禍を生きた日本が映し出される映像を背景に、5人で熱唱した。

途中、5人が一人ずつマイクを持ってリレーメッセージ。

櫻井翔さんは「昨年1月に活動をあと2年だけと発表し、夢を掲げて懸命に走り続けた僕たちも、戸惑いと絶望に襲われました」と2020年を振り返った。

続いてリーダーの大野智さんが「僕らのそばで、消えずにいてくれたものがありました。たくさんの熱い声援と希望を語り続ける歌でした。嵐という、奇跡のような場所です」とグループへの想いを語った。

相葉雅紀さんも「おかげで僕たちは、もっともっと深い悲しみに苦しんでいる人々に想いをよせる方へと舵を切ることができるようになりました」と語った。

二宮和也さんは「叶わなかった夢も嵐の21年の歴史の一部です」と穏やかな表情を見せた。

「あと2時間余りで年があけて、僕たちの嵐は一旦やみます」と切り出した松本潤さんは、「嵐が去った後に、虹のかかった美しい空が、どうか皆さんの前に広がりますよう。明けない夜はないと信じて」と祈りを込めた。

SNSなどでは「終わらないで」「泣いた」「ありがとう」と反響が広がった。

 

『カイト』に続いて『君のうた』『Happiness』をメドレーで歌唱した嵐の5人。

歌い終わった後は、総合司会の内村光良さんが「また5人揃った姿、本当にみんな待ってるから」と声をかけると「ありがとうございます」とうなずき、「またね」と笑顔で締め括った。

 

『カイト』で語った嵐5人のメッセージは以下の通り。

<櫻井翔>

小さなカイトに、今、時代の風が容赦無く吹き付けているかのようです。

昨年1月に活動をあと2年だけと発表し、夢を掲げて懸命に走り続けた僕たちも戸惑いと絶望に襲われました。

 

<大野智>
大事な人を突然失って、呆然としたメンバーもいた。

そんな僕らのそばで、消えずにいてくれたものがありました。たくさんの熱い声援と希望を語り続ける歌でした。

嵐という、奇跡のような場所です。

 

<相葉雅紀>

おかげで僕たちは、もっともっと深い悲しみに苦しんでいる人々に想いをよせる方へと、舵を切ることができるようになりました。

 

<二宮和也>
叶わなかった夢も、嵐の21年の歴史の一部です。そこには、この時間で学んだ知恵や勇気、慰めや思いやり、全てしっかり記しておこうと思います。

 

<松本潤>
あと2時間あまりで年が明けて、僕たちの嵐は一旦止みます。

嵐が去った後に、虹のかかった美しい空が、どうか皆さんの前に広がりますよう。明けない夜はないと信じて。