NEWS
2021年01月03日 13時42分 JST

箱根駅伝恒例のフリーザ様、今年は自宅応援。「おふざけでやっている訳ではない、と示すために…」

現場で応援してきたフリーザ様御一行の1人に取材。「フリーザ軍団さんたちの活動と熱意を身近に体感した」と話す。

箱根駅伝で恒例のフリーザ様の御一行。

「ドラゴンボール」の人気キャラクター「フリーザ」に扮したコスプレイヤーたちの応援ダンスは、箱根駅伝の風物詩の一つにもなりつつあり、彼らの応援ダンスを楽しみにする人も多い。

例年、沿道にかけつけては、ヒット曲にあわせてダンスを披露するなどし、話題を呼んでいた。

しかし、2021年は新型コロナウイルスの影響を受け、大会は現地での応援の自粛を呼びかけていた

2年前から、復路7区の二宮ポイントで応援に参加していたという、シャケーザさん(@youkaininngenn)。2021年は、オンライン配信で選手を応援することを決めた。

シャケーザさんはハフポスト日本版の取材に対し、「毎年、我々がテレビにチラリと映るのを楽しみにしておられる地球人の方々が沢山いらっしゃるということで、初めは今年も応援に行こうか迷っておりました」と、その心境を明かす。

しかし、沿道での応援は自粛するよう大会側が発表すると、迷いが生じた。

もし自粛を呼びかける中で、フリーザのコスプレをした人々が沿道に現れ、悪い評判を呼べば、今後コスプレで応援することが禁止になるかもしれないーー。

シャケーザさんは、2年前から二宮ポイントで応援を始めた。「本当に、心の底から箱根駅伝を盛り上げようとしているフリーザ軍団さんたちの活動と熱意を身近に体感した」と話す。

今年、配信での応援に踏み切ったのは、「目立ちたいだけのおふざけでやっている訳ではない!というスタンスをしっかり示すため」だったという。

シャケーザさんは、復路を走る1月3日、午前9時20分頃からツイキャスで自宅から番組を配信。視聴者とともに選手を応援した。

コロナ禍により、現場で応援することが叶わなかった2021年。ネット上ではフリーザの不在を嘆く声が多くあがったが、応援を自粛するという判断を賞賛するコメントも相次いだ。

シャケーザさんは、「二宮の沿道に集まった方々はみなさん受け入れてくださり、終わったあとなど撮影会などをして楽しんでくださいました」と、これまでの応援を振り返り、「またいつか、直接会える日を願っております」と、来年への希望を語った。