NEWS
2021年02月08日 11時54分 JST

楽天・三木谷会長、東京オリンピック「開催の見直しを」と提案。「タブーだけど、勇気を振り絞って言う」

三木谷浩史氏は自身のTwitterで、東京オリンピック・パラリンピックについて言及。「五輪に関しては、現状を鑑み、冷静に開催の見直し、または順延をIOCと協議すべきだ」と提案しました。

Masashi Hara via Getty Images
三木谷浩史氏

楽天の三木谷浩史会長兼社長は2月8日、自身のTwitterで「五輪に関しては、現状を鑑み、冷静に開催の見直し、または順延をIOCと協議すべきだ」と提案した。

経済界から見直し提案の声をあげることについて三木谷氏自身は、「(実業界ではタブーだけど)勇気を振り絞ってストレートに言うことにしました」としている。

《日本を元気にしたいという自分の創業の原点に立ち戻り、(実業界ではタブーだけど)勇気を振り絞ってストレートに言うことにしました。「五輪に関しては、現状を鑑み、冷静に開催の見直し、または順延をIOCと協議すべきだ。」あまりにもリスクが大きすぎる。》

この投稿に先立ち2月7日に三木谷氏は、新型コロナウイルスについての現状に触れた上で、「世界がコロナに打ち勝った証という高い志は良いと思うけど、それまでに打ち勝てるのは現実的でなくなってしまった。。。」と発信していた。