アートとカルチャー
2021年03月21日 11時39分 JST | 更新 2021年03月22日 11時11分 JST

『天国と地獄』最終話のあらすじ紹介。真犯人・黒幕はいるの?【考察】

TBS系の連続ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』が、3月21日(日)に最終話を迎える。午後9時から、75分スペシャルでの放送だ。日高(高橋一生さん)はどうなる?

時事通信社
『天国と地獄』の出演者たち

TBS系の連続ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』が、3月21日(日)に最終話を迎える。午後9時から、75分スペシャルでの放送だ。

刑事の望月彩子(綾瀬はるかさん)と、殺人事件の容疑者でベンチャー企業社長の日高陽斗(高橋一生さん)の心が入れ替わってしまう、という物語。

出演者たちの演技や思いがけない展開が話題となり、Twitter上では謎解きが続いてきた。

脚本は、『JIN-仁-』『天皇の料理番』『義母と娘のブルース』(いずれもTBS)、『ごちそうさん』(NHK)などで知られる森下佳子さんが手がけている。

※この先、物語のネタバレを含みます。

 

最終話のあらすじは?

TBSが公開しているあらすじは下記の通り。

日高(高橋一生)が逮捕された。

「絶対に助ける」と日高に告げた彩子(綾瀬はるか)だったが、何もできないまま河原(北村一輝)によって彼の取調べが始まる。

東(迫田孝也)と行動を共にしていた陸(柄本佑)も事情を聞かれるが、彩子のことを心配しながらも複雑な心境でいた。

連続殺人事件の主犯は誰なのか、真相にたどりつけない警察。彩子は真実を明らかにするため、行動に出るが…。

TBS提供
『天国と地獄~サイコな2人~』最終話

これまでのあらすじ

1話の時点で、刑事の望月は、殺人事件の容疑者・日高と入れ替わってしまった。

その後の望月は、“日高として”逮捕されないように、日高(体は望月)に協力しつつも、日高の過去を探ってきた。

その中で、「猟奇的な人物」と思っていた日高が心優しい人物であると知り始め、「犯人ではないのではないか」という“希望的観測”も持ち始める。

さらに、日高には生き別れの双子の兄・東朔也(迫田孝也さん)がいることも明らかになる。

前回9話の冒頭で再び入れ替わり、元に戻った望月と日高。奄美大島に向かっている東と会うために、2人は警察から逃れながら、島に向かう。

島行きのフェリーの中で双子は再開。その後、船の中で、病気の東は息を引き取ってしまう。

そして、港で待ち構えていた望月の同僚刑事・河原三雄(北村一輝さん)に見つかるところで9話は終わった。

 

真犯人、黒幕はいるのか?

TBS提供
『天国と地獄~サイコな2人~』最終話

9話が終わった時点では、日高は兄・東の犯行を隠すために行動していた、つまり東が事件の犯人という「筋書き」が見えてきた。

幼い頃に母に引き取られた日高は、父に育てられた東が苦労を重ねてきたことを知って、負い目を感じているのだ。

しかしネット上では、「まだ真犯人がいるんじゃないか」「○○が黒幕ではないか」などの考察が続いている。

真犯人の“候補”として主に名前が上がっているのは、望月の同居人で清掃の仕事などをする渡辺陸(柄本佑さん)と、望月の仕事上のパートナー八巻英雄(溝端淳平さん)の二人だ。

のんびりとした性格で、いつも望月を受け止めてくれる渡辺。うっかりが多いものの、入れ替わりにいち早く気づいて望月を助けてきた八巻。

どちらも物語の中の「癒しの存在」なだけに、真犯人だった場合、視聴者の衝撃は大きくなりそうだ…。

 

鍵となるのはSDカード?

9話の終盤、東の財布から「SDカード」が落ちる場面があった。このSDカードが10話の鍵となりそうだ。

そもそも「なぜ入れ替われたのか?」「入れ替わりの法則が存在するなら、他にも入れ替わっている登場人物がいるのではないか?」などの疑問も残る。

これまでの放送話は動画配信サービス「Paravi」で見ることができる。また、番組公式サイトでも各話ごとの「あらすじ」が公開されている。