PROJECT
2021年03月24日 13時34分 JST

「日本製=高品質=売れる」を封じられた日本企業たち。中国勢の激しい追い上げ、活路はどこに【音声限定】

「日本製」の優位性が失われつつある中国市場で、日本企業が打つべき次の一手とは。JBA(日本美粧協会)の粟田翔太理事に聞く。

「Copy to China(中国へコピーする)」が「Copy from China(中国からコピーする)」に変わっているー。

中国のコスメ事情に詳しい、JBA(日本美粧協会)の粟田翔太理事がキーワードとして挙げた言葉です。

日本製品にはこれまで「日本製=高品質」というイメージがあり、中国での人気にも繋がっていたとみられています。しかし粟田さんは、今は現地企業が技術を身に付け、日本や欧米の企業に激しい追い上げをかけるフェーズにあると指摘。「もはや日本製というくくりだけでは難しい」と実態を話します。

日本企業はどこに活路を見出すべきなのでしょうか。

ハフポスト日本版では、「予習なし、聴くだけで中国ニュースが分かる」を目指す音声番組「#ハフちゃいな」を配信しています。
毎週3回、最新の中国ニュースを5分程度で担当記者が解説します。中国語や中国に関する予備知識は一切必要ありません。Spotifynoteなどでお聴きいただけます。

番組が目指すビジョンはこちら