ポッドキャスト

中国「抖音」に、日本企業が商機を見出しています。AIの助けを上手に借りながら、「下克上」のチャンスを得ようとしているのです。
越境ECで「下克上は難しい」と専門家。その理由は、今まであった「偶発性」がなくなったからだと言います。
記者が自分で聞いてみた。「正直、どんな思いでニュースを見ていますか?仕事への影響は?」
主に中国人観光客が使っていたアリペイですが、コロナで人流がストップ。今は何をしているのか...?
入社試験の変わった質問から社内のルールまで、赤裸々な実態を明かしてもらうことにしました。
日本の事業責任者、邱開洲(きゅう・かいしゅう)さんをスタジオにお招きしています。
香港に起きた大きな変化を、「予備知識なし」から分かるように、6分ほどでチェックしませんか。
なぜ日本アニメがリスクのある中国で存在感を保つ必要があるかも考えました。もちろんお金だけではありません。