中国大陸から黄砂が飛来中 明日は北日本を中心に多く飛来

関東では、黄砂による大きな影響は予想されていません。ただ、花粉が多く飛散する恐れがあるため万全な花粉症対策が欠かせません。
ウェザーニュース
ウェザーニュース
ウェザーニュース

今日29日(月)は中国大陸から黄砂が飛来しており、西日本では霞んだ空となっています。明日30日(火)はさらに広範囲に飛来する予想で、視界不良や物への付着に注意が必要です。
関東は、黄砂による大きな影響はないと見ています。

明日は北日本に多く飛来 西日本も引き続き注意

上空の風に乗って黄砂が飛来し、明日は北日本を中心に霞んだ空となる見込みです。視程が悪くなり、一部では5kmを切るおそれがあるため、車の運転や交通機関への影響に注意してください。

西日本は今日に比べると薄くなる見込みですが、つづく飛来で屋外では車や窓などに黄砂が付着する可能性があります。洗濯物は部屋干しが安心です。

関東は黄砂の影響なくても花粉に注意

30日(火)花粉飛散予想
30日(火)花粉飛散予想
ウェザーニュース

関東では、空が霞むほどの黄砂の飛来は予想されていません。ただ、引き続き気温が高く、花粉は多く飛散するおそれがあります。万全な花粉症対策が欠かせません。

黄砂が飛来するエリアも、黄砂が起因して花粉症の症状が悪化する可能性があります。マスクの着用はもちろん、メガネや目薬の使用など対策をシッカリと行ってください。
» 1時間毎のピンポイント花粉予想
» 関連記事 黄砂などで「花粉爆発」喘息など重症化も

【関連記事】