WORLD
2021年06月09日 18時03分 JST

「火星でスイカ畑を発見」“報道”が大きな波紋。ニューヨーク・タイムズが記事削除

システムテストのための「記事」が、誤って配信されたようです。

HUIZENG HU via Getty Images
スイカ(イメージ画像)

アメリカのニューヨーク・タイムズが6月8日、火星でスイカ畑が発見されたという「偽記事」を誤って配信し、のちに削除した。

記事の見出しは「警察によると、火星でスイカ畑が見つかった」だったと、「Futurism」などが伝えている

「FBIは、『スイカが雨のように降っている』ことについてのコメントを控えた。しかし、『キウイフルーツが妨害された』ことは認めている。この話は、ひどく退屈だ」と伝え、こう加えていた。

「警察は、『このスイカは美味しい』と話している」

(復元した「偽記事」のページを紹介するTwitterユーザーの投稿)

この記事はすぐに削除された。ニューヨーク・タイムズは文章を公開し、この記事が誤って配信されたと説明している。

ニューヨーク・タイムズはハフポストの取材に対し、「システムテストのための『偽記事』が、誤ってサイトに配信されてしまった。すでに削除しています」と説明した。

 

「スイカの真実を教えてくれ!」「私は信じたい」

Twitterでは、この「事件」を楽しむ投稿が相次いだ。 

「私は、 火星のスイカに興味津々です」

 

「ニューヨーク・タイムズよ、火星のスイカについての真実を報道してくれ!我々には知る権利があるんだ」

「私は『火星スイカ』の存在を信じたいです」

 

ハフポストUS版の記事を、翻訳・編集しました。