NEWS
2021年08月05日 11時01分 JST

メダル噛んだ河村市長に「選手へのリスペクト欠けている」。アスリートからも批判相次ぐ

「傷つかないように優しく扱ってるのに」(高藤直寿選手)、「僕には理解できません」(太田雄貴さん)…疑問や批判の声が広がっている。

東京オリンピック・ソフトボール日本代表の後藤希友選手の金メダルを、名古屋市の河村たかし市長がマスクを外して噛んだ行動に対して、批判の声が広がっている。

報道各社の動画によると、後藤選手は8月4日に出身地の名古屋市役所を訪問した。その際、首にメダルをかけてもらった河村市長が「重たいな」と言ってメダルを触り、後藤選手に了解を得ることなく、突然メダルを噛んだ。

 

時事通信
ソフトボール女子五輪代表の後藤希友投手(右)の表敬訪問を受け、首に掛けてもらった金メダルにかみつく名古屋市の河村たかし市長=4日午前、同市役所

現役アスリートや五輪経験者からも、新型コロナウイルスの感染対策の観点や選手に了解を求めることなく及んだ行動に対して、疑問や批判の声が上がっている。

 

■「俺だったら泣く」

柔道男子60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿選手はTwitterで「動画見たけど、『カンッ』て歯が当たる音なってるし 自分の金メダルでも傷つかないように優しく扱ってるのに」「俺だったら泣く」と投稿した。

■選手へのリスペクト欠けている

フェンシングで北京、ロンドン大会で銀メダルを獲得した太田雄貴さんも「現場の空気や、お二人の関係値は分かりませんが」と前置きした上で、「選手に対するリスペクトが欠けている上に、感染対策の観点からもセレモニーさえも自分自身やチームメイトでメダルをかけたりしたのに、『噛む』とは」「ごめんなさい僕には理解できません」と指摘した。

ロンドン大会のバドミントンで銀メダルを獲得した藤井瑞希さんもTwitterで河村市長のニュースを引用し、「私もある…涙でかけた」と投稿。「口いっぱいにメダル入れられた、、 たぶんボケかましてきたんだと思うけど、本当泣きそうなった」と綴った。その後の投稿で、藤井さんは、河村市長とは別の人にメダルを同じように扱われたことがあることを明かし、「選手にリスペクトを」とのハッシュタグをつけて「今後このようなことがありませんように」と記した。

 

■そもそも表敬訪問することを問題提起

アテネ、北京大会の競泳金メダリストの北島康介さんもTwitterで「そもそもなんで表敬訪問しなきゃいけないのか」と問題提起。「僕はメダル噛んだことありません」と綴った。

東京大会の表彰式では感染対策のため、メダル授与の際にプレゼンターが運んだトレーから選手が自らメダルを取って首にかけるなど、接触を避ける運用となっている。