新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2021年08月29日 15時56分 JST | 更新 2021年09月02日 16時05分 JST

東京都の若者がコロナワクチンを接種する方法は?渋谷以外は「予約制」で3箇所【状況まとめ】

都庁南・北と乃木坂の接種会場の予約は8月30日から。渋谷の「会場抽選制」と異なり「ネット予約制」となっています。

時事通信社
新型コロナウイルスワクチン接種会場(渋谷区)

東京都による若者を対象としたワクチン接種が始まっている。

会場の1つである渋谷区の若者ワクチン接種センターでは8月28日、約300の接種枠の抽選に申し込むため、大勢の人が訪れ行列を作った。

申し込み方法が急遽変更されるなど状況に応じて対応が変わる中、東京都で若者がワクチンを打つためにはどうすれば良いのか。改めて情報を整理する。

渋谷での抽選ワクチン接種、状況は?

まずは渋谷区から。若者ワクチン接種センターでの接種は、28日から接種会場での「抽選制」となった。

同センターでの接種の抽選対象となるのは、16歳から39歳までの人(都内在住又は在勤・在学)で、ファイザー社のワクチンを接種できる。

都は接種希望者に対し、早朝から並ぶことを控えるよう公式サイトで案内をしていたが、接種初日となった27日、多くの人が案内時間の前に訪れたことで当日分の接種枠の上限に達したため、予定の受付開始よりも4時間以上早く受付を終了する事態となっていた。

28日からは、午前9時から10時30分の間に会場に来た人を対象に抽選券を配布し、午前11時30分頃に抽選結果(接種時間帯を含む)を、LINEやTwitterで通知するという形をとっている。

NHKによると、抽選制に変えた28日の抽選券を求めた人の列は約1kmに達し、抽選券を受け取った約2200人のうち接種を受けられたのは約350人で、倍率は約6倍を超えた、29日も早朝から列ができたという。

時事通信社
新型コロナウイルスワクチンの接種会場前で並ぶ若者たち

会場での抽選制について、Twitterでは「抽選に当たり受けられる人はいいが、外れたら無駄足になる。会場に向かうだけでも感染リスクがあるのに、会場での抽選というのは疑問」などという意見もあがっていた。

これに対し、河野太郎・行政改革相は29日、フジテレビの報道番組『日曜報道 THE PRIME』に出演し、「打ちたい人が沢山いる中で『予約なし』というのはかなり無謀な話」とコメントした。

若者ワクチン接種センターでの8月29日以降の「1回目」の接種日程は、以下の通りとなっている。

8月

29、31

9月

1、2、3、4、5、7、8、9、10、11、14、15、16

渋谷以外にも都内3箇所、しかも「予約制」

都は渋谷の若者ワクチン接種センター以外でも、計3箇所で若者を対象に大規模接種を実施する。実施場所は以下の通りだ。

都庁南展望室ワクチン接種センター

都庁北展望室ワクチン接種センター

乃木坂ワクチン接種会場

接種対象となるのは、都内在住・在勤・在学の16歳から39歳までの人で、モデルナ社製ワクチンを接種できる。

こちらは抽選制ではなく、インターネットでの「予約制」となっている。予約は30日午前10時から専用サイトから受け付けるという。

東京都
都が行う大規模接種における接種対象者の拡大について(第2404報)