NEWS
2021年09月02日 09時44分 JST | 更新 2021年09月02日 17時45分 JST

サッカー日本代表・ワールドカップアジア最終予選の日程と放送時間は?オマーン戦で幕開け【招集メンバー一覧】

注目の初戦はオマーン戦。7大会連続の出場を目指す日本は久保・堂安ら東京五輪出場組からも多数選出された。ベテラン勢と融合し勝ち抜けるか。

Getty Images
吉田麻也選手

2022年のW杯カタール大会への出場を懸けたアジア最終予選が幕を開ける。

7大会連続での出場を目指す日本は9月2日、オマーン代表と対戦する。9月に開催される試合日程や見どころ、放送時間などを整理する。

五輪世代も続々選出された最終予選

7大会連続出場を目指す日本はオーストラリア・サウジアラビア・中国・オマーン・ベトナムと同組のグループBに属している。前回のW杯ロシア大会ではベスト16に進出した日本だが、油断はできない。

最終予選に出場する12カ国は、6チームずつ2つのグループ(A・B)に分かれ、ホーム&アウェー形式で10試合を戦う。各グループの首位と2位の計4チームはW杯への出場権を無条件で獲得できる。

一方、各グループで3位だったチームは「プレーオフ」を戦い、その勝者はさらに「大陸間プレーオフ」を経て、W杯出場を目指すことになる。

今大会のアジア最終予選には、東京五輪でも躍動した久保建英(マジョルカ)や堂安律(PSV)、中山雄太(ズウォレ)、冨安健洋(アーセナル)、谷晃生(湘南ベルマーレ)らも選出された。

五輪でも主将を務めた吉田麻也(サンプドリア)を中心に、ベテラン勢と若い世代の選手の力が融合されたチーム構成となっている。

Getty Images
東京五輪ではメキシコとの三位決定戦に敗れ、メダルを逃すという辛酸をなめた久保建英選手と堂安律選手。その悔しさをW杯アジア最終予選にぶつける

9月テレビ放送はホーム戦のみ。アウェー戦なし

日本は9月2日にオマーンと大阪の市立吹田スタジアムで対戦し、7日にカタールで中国代表と戦う。このうち、テレビ放送があるのは、2日のオマーン戦のみとなる。

2日のオマーン戦のテレビ放送は、以下の通り。

テレビ朝日系列

放送時間:午後6時45分~午後9時15分(※一部地域は異なる)

解説:松木安太郎さん、内田篤人さん

実況:吉野真治アナウンサー(テレビ朝日)

キックオフは午後7時10分の予定。ちなみに、試合後のインタビューは内田篤人さんが務める予定となっている。東京五輪の際にも選手の本音と素顔を引き出すインタビューが話題となっていた。

アジア最終予選の試合全日程は、以下の通り。(※2021年9月1日時点)

第1節:9月2日、第2節:9月7日、第3節:10月7日、第4節:10月12日、第5節:11月11日、第6節:11月16日、第7節:2022年1月27日、第8節:2022年2月1日、第9節:2022年3月24日、第10節:2022年3月29日

アジア最終予選、招集選手一覧

アジア最終予選の招集メンバーは以下の通り。(※9月1日時点)

GK

川島永嗣(ストラスブール)
権田修一(清水エスパルス)
谷晃生(湘南ベルマーレ)

DF

長友佑都(無所属)
吉田麻也(サンプドリア)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
酒井宏樹(浦和レッズ)
山根視来(川崎フロンターレ)
室屋成(ハノーファー)
植田直通(ニーム)
中山雄太(ズウォレ)
冨安健洋(アーセナル)
昌子源(ガンバ大阪)※追加での招集

MF

原口元気(ウニオン・ベルリン)
柴崎岳(レガネス)
遠藤航(シュトゥットガルト)
伊東純也(ヘンク)
南野拓実(リヴァプール)
守田英正(サンタ・クララ)
鎌田大地(フランクフルト)
堂安律(PSV)
久保建英(マジョルカ)

FW

大迫勇也(ヴィッセル神戸)
古橋亨梧(セルティック)

来年に迫ったW杯本大会に向け、熾烈な戦いがいよいよ幕を開ける。