whai

注目の初戦はオマーン戦。7大会連続の出場を目指す日本は久保・堂安ら東京五輪出場組からも多数選出された。ベテラン勢と融合し勝ち抜けるか。
世界初となるこの協定では、男子代表チームの賃金と平等な額を支払われるだけでなく、商業収入においても同等な割当が成される。
「今は結束する時です。この会話こそが、次のステップなのです。協力をしなければなりません。みなさんが必要です」と訴えかけた。
多くのデータが予想が外れるなか、的中させたのはなんと松木安太郎?
知らないうちに、旦那の手のひらで転がっていた。まるで、"あのとき"のスアレスのように。
ワールドカップに向けて、ベースを築いたハリル氏への謝意。
「僕のサッカー人生はまだ終わりません」