アートとカルチャー
2021年09月30日 17時59分 JST

映画『シン・仮面ライダー』主演に池松壮亮さん、浜辺美波さん。庵野秀明監督「観客の皆さんに『これはいい』と思ってもらえる作品にしたい」

庵野秀明さんが脚本・監督を務める映画『シン・仮面ライダー』の記者会見が9月30日、行われた。

時事通信社
池松壮亮さん(左)と浜辺美波さん

庵野秀明さんが脚本・監督を務める映画『シン・仮面ライダー』の記者会見が9月30日、行われた。

仮面ライダーである本郷猛役に池松壮亮さん、ヒロインの緑川ルリ子役に浜辺美波さんが出演することが発表された。

池松さんと浜辺さんが会見に登場したが、池松さんは右足首に包帯を巻いた松葉杖姿。

会見はオンラインでも配信されており、「足どうしたの?」「怪我してる?」と心配する声のほか、「怪我した藤岡弘、オマージュ?」とのコメントが寄せられた。

初代仮面ライダーを演じた藤岡弘、さんがかつて撮影中の事故で怪我をしたことを念頭に、池松さんの松葉杖姿に注目が集まっていた。

池松さんは冒頭のあいさつで、「本郷猛を演じることになりました池松壮亮です。いきなり、こんな姿でよくわからない感じになっていると思いますが…」と語り、「これから撮影なんですが、アクション練習を詰めていたところ、昨日、一昨日ですかね、靭帯を…。僕もよくわかっていないんですけど、1週間足をつくなということで」と状況を説明した。

その上で、「主人公が改造手術に、ちょっとだけ失敗して、撮影には支障がないようだと書いていただけたら」と語り、笑いを誘っていた。

会見には庵野秀明監督も登場。この日の新聞に、仮面ライダー姿の自身の写真が載った全面広告が掲載されたことに触れ、「あれだと僕が僕の考えた仮面ライダーを作るような印象を受けてしまった。そうではないんです。僕もそういうものを見たいですが、僕が見たいものではなくて、観客の皆さんが面白いと思ってくれる、これはいいと思ってもらえる作品にしていきたい」と語った。

ハフポスト日本版
『シン・仮面ライダー』の広告が掲載された2021年9月30日付の朝日新聞

その上で、「僕の夢を云々って書いてありますけど、それよりは同じ頃に育っていた人たちが、こういう仮面ライダーもいいなって思ってもらえうような作品を作っていきたい」と意気込みを語った。

映画『シン・仮面ライダー』は、2023年3月に公開を予定している。

ハフポスト日本版
『シン・仮面ライダー』の広告が掲載された2021年9月30日付の朝日新聞