当選者の女性割合、わずか9.7%。前回下回る【衆院選2021】

衆院議員465人中、女性は45人との結果になった。
衆院選の女性比率の推移
衆院選の女性比率の推移
Jun Tsuboike / HuffPost Japan

10月31日投開票の衆院選で、当選者に占める女性の割合が9.7%となり、10.1%だった前回(2017年)を下回る結果となった。時事通信など複数のメディアが報じた。

NHKの開票速報などによると、全ての当選者465人中、女性は45人(小選挙区24人、比例代表21人)。

主要9政党の当選者に占める女性議員の比率と人数は、以下の通り。

政党別の女性議員の割合
政党別の女性議員の割合
Jun Tsuboike / HuffPost Japan

自民 7.7%(20人)

立民 13.5%(13人)

公明 12.5%(4人)

共産 20.0%(2人)

維新 9.8%(4人)

国民 9.1%(1人)

社民 0%(0人)

れいわ 33.3%(1人)

N党 0%(0人)

※小数点第二位を四捨五入

今回の衆院選では186人の女性が立候補し、全ての候補者(1051人)に占める女性候補者の割合は17.7%で、前回と同水準だった。

女性議員の割合の推移
女性議員の割合の推移
Jun Tsuboike / HuffPost Japan
女性候補者数の推移
女性候補者数の推移
Jun Tsuboike / HuffPost Japan

3月に発表されたジェンダーギャップ指数2021で、日本は156カ国中120位となり、主要7カ国(G7)で最下位に。衆院議員の女性割合の低さなどが影響し、政治分野では147位との結果となっている。

Popular in the Community