『学校へ行こう!』担当D、V6メンバーに感謝のツイート「人つなげる天才」「V6の顔」

投稿に対して「コメント読んで又涙してます」「これからも6人を応援していきます」と反響が広がった。
|
V6
V6
Huffpost Japan

11月1日で解散した人気グループV6の代表番組「学校へ行こう!」の担当ディレクター和田英智さんが11月3日、メンバーひとりひとりとのエピソードや感謝をツイートした。

最初は坂本昌行へのメッセージから。「最高のリーダーでした」と切り出し、演出に関するアドバイスをもらったエピソードを明かした。

次は長野博さん。

優しさに感謝を示して、「ポジションが絶妙すぎて、どんな現場も長野さんにたよちゃってました」とつづった。

続いて井ノ原快彦さん。

スタッフとメンバー6人のつなぎ役だったと明かし、「人と人を繋げちゃう天才でした」と褒めちぎった。

さらに森田剛さん。

「いかなる時もV6の顔は森田剛だった気がします」と振り返り、ラストライブでの気合の入ったダンスを讃えた。

そして三宅健さん。

一番の相談相手だったとつづり、「V6の太陽は間違いなく三宅健でした」と讃えた。

最後は岡田准一さん。

時には味方をしてくれたり、時には困らされたりしたというエピソードを紹介した上で「こんなに頼れる末っ子どこのグループにもいないです」と締めくくった。

和田さんの投稿に対して「コメント読んで又涙してます」「これからも6人を応援していきます」と反響が広がった。