アートとカルチャー
2021年11月22日 09時44分 JST

これは革命。スープしみしみのマロニーちゃんが鍋で行方不明にならない、最高のライフハック

考えた人、天才では...?お鍋のお供、マロニーちゃんが迷子にならない必殺技があるんです。

HuffPost Japan
ショートタイプのマロニーちゃん

あったかお鍋が恋しくなる季節になりました。寄せ、味噌、豆乳、チゲ、海鮮などなど色んな味を楽しみたいですよね。

そんなお鍋の具の中でも、「マロニーちゃん」を“スタメン具材”として重宝している人も多いのではないでしょうか?スープしみしみの柔らかいマロニーちゃん、喉越しもなめらかでとっても美味しいですよね。

でも、こんな経験はありませんか?

お鍋でグツグツしている間にばらけてつかみにくくなってしまったり、どこに行ったか分からなくなってしまったり...。

こうした悩みを一気に解消。マロニーちゃんが行方不明にならないような超簡単な裏技が、Twitter上で話題になっています。

方法はとっても簡単。用意するのは、マロニーちゃんと、そう...「ちくわ」です!

 

HuffPost Japan
マロニーちゃんとちくわを用意します

 

ちくわをお好みの長さに切り、穴に乾燥したマロニーちゃんを通せば下準備は終わり!あとはグツグツのお鍋に投入し、マロニーちゃんに火が通ってしんなりするのを待つだけ。

 

HuffPost Japan
ちくわの穴に、マロニーちゃんをギュギュッと詰めるだけ!
HuffPost Japan
あったかいお鍋のダシで、マロニーちゃんが少しずつ柔らかくなります

 

ダシにしっかり浸って柔らかくなったマロニーちゃん。ちくわがしっかりと束ねてくれるので、箸で簡単につかめます。

HuffPost Japan
スープがしみしみのマロニーちゃんを、ちくわがしっかり束ねてくれています

 

実はマロニーは公式サイトで、マロニーちゃんが迷子にならないようにちくわを使った方法を紹介しています。

活躍するのは、ちくわだけではありません。

パプリカで「マロニーゾーン」を作っちゃう必殺技もあるんです。半分に切ったパプリカをお鍋の真ん中あたりに沈め、その中にマロニーちゃんの束を投入します。マロニーちゃんがパプリカの内側で泳いでくれるため、鍋全体に広がって行方不明になるのを防いでくれます。マロニーゾーンの作り方は動画でも公開されています。

 

 

このほか、サイトではマロニーちゃんを「肉団子に挿す」という斬新な裏技も紹介しています。

マロニーの広報担当者によると、お鍋の中でマロニーちゃんがいなくなってしまうことから「浮き輪をつけたマロニーちゃんを開発してもらえませんか」といった切実な声が上がったことから、これらのアイデアを公開したそうです。

食卓でお鍋の登場頻度がアップするこれからの季節。ぜひ試してみては?