NEWS
2022年01月13日 16時45分 JST

大学入学共通テストの週末、全国の天気は?

強い冬型の気圧配置は一旦弱まる見込み。体調を崩さないように寒さ対策は万全に、カイロなどの防寒小物などを忘れずにご用意ください。

ウェザーニュース

週末の15日(土)と16日(日)は全国で大学入学共通テストが実施されます。強い冬型の気圧配置は一旦弱まる見込みで、天気の影響は最小限に留まる見込みです。

日本海側の荒天は落ち着く

■試験初日の15日(土)
冬型の気圧配置で、北日本の日本海側や北海道オホーツク海側では午前中を中心に雪や雨が降る所がある見込みです。

沿岸部を中心に風もやや強く吹く可能性があります。ただ、低気圧が東の海上に離れるに連れて天気は回復傾向です。

交通機関に影響を及ぼすような荒天には至らず、試験の実施にも問題ない見込みです。

天気の影響がなくても馴染みのない試験会場に不安を覚える場合は早めに出発すると安心です。

■試験2日目の16日(日)
日本海から前線を伴った低気圧が接近します。

東北から山陰にかけての日本海側を中心に、徐々に雨や湿った雪が降り出します。朝の時点では日差しが届いても、傘を持って試験会場へ向かいましょう。

交通機関や試験の実施に影響するような荒天にはなりません。雨が降ると雪の残る路面はぬかるみになるので、足元に注意してください。

晴れる太平洋側も寒さ対策を

ウェザーニュース
週末の予報

試験両日とも気温はおおむね平年並みとなる予想で、真冬らしい寒さです。

特に晴れる所では放射冷却の影響で朝にグッと冷え込み、西日本や東海、関東でも朝は0℃前後まで下がる所が多い予想です。

大一番に体調を崩さないように寒さ対策は万全に、カイロなどの防寒小物などを忘れずにご用意ください。
» 大学入学共通テスト会場の天気

【関連記事】