恵方巻き、いつ食べる? 方角は? 食べ方は?(2022年)

恵方巻きは、その年の「恵方」を向いて食べると縁起が良いとされる太巻きずしのことです。
寅年にちなみ、トラ柄を表現した恵方巻き
寅年にちなみ、トラ柄を表現した恵方巻き
時事通信社

皆さんは恵方巻きを食べますか? 2022年もその日がいよいよ近づいてきました。

毎年、スーパーやコンビニ、百貨店などで趣向を凝らした商品が並んでいるのを見かけますよね。

いつ食べる? 今年の方角は? 食べ方は? 情報をまとめました。

そもそも、恵方巻きとは、節分の日にその年の歳徳神(としとくじん)のいる方角「恵方」を向いて食べると縁起が良いとされる太巻きずしのことです。関西が発祥とされています。

節分なので今年は2月3日です。方角は毎年変わりますが、今年は「北北西」となっています。

食べ方は、恵方巻き1本を切り分けずに丸ごと食べるのが習わしです。縁が切れるのを避けるためと言われています。

食べる時間は、節分の日であればいつでもいいので気にする必要はありません。立って食べるか座って食べるかも決まりがありません。

恵方巻きは地域や店によって「丸かぶり寿司」「招福巻き」などとも呼ばれています。

子どもで一度に食べ切るのが難しい場合は、小さいサイズのものを作ったり、購入したりすると良いでしょう。

自宅で恵方巻きを作るも良し、好きな具材の入った商品を買うも良し。

縁起の良い風習なので、おいしく食べたいものですね。