ふわっふわのホットケーキを作るための「混ぜる順番」が驚き…。牛乳や卵のプロが教えます

ホットケーキミックスを先に入れちゃダメみたいです👀
イメージ画像
イメージ画像
Foodstock / 500px via Getty Images

「ホットケーキは、卵と牛乳を混ぜてからミックスを入れると、ふわふわに」

ホットケーキの日である1月25日、卵や牛乳のプロでもある「全国農業協同組合連合会」広報部が投稿した「ふわふわなホットケーキに作り方」に、注目が集まっています。

そこに書かれていたのは、こんな内容でした。

「ホットケーキを焼くときは、
 
 卵と牛乳を混ぜてから
 
ミックスを入れると、ふわふわになります(生地を混ぜ過ぎると膨らみにくくなる)。なんだかミックスを先にボウルに入れたくなりますが、ぐっとこらえて、卵と牛乳が先です!前もつぶやいたのですけど今日が #ホットケーキの日 だったので🥞」

投稿したのは、 全農広報部( @zennoh_food )さん。

2月4日時点で2万6000回以上リツートされ、8万5000件の「いいね」がついています。

なぜ、「卵と牛乳を混ぜてからミックス」の順番?

ふわふわのホットケーキ
ふわふわのホットケーキ
Twitter / zennoh_food

ホットケーキをミックスを先にボウルに入れて、牛乳や卵と混ぜていた人も多いのではないでしょうか?かくいう筆者も、その一人。

なぜ、「卵と牛乳を混ぜてからミックス」の順番が良いのでしょうか?

ホットケーキミックスを製造している森永製菓に聞いてみました。

森永ホットケーキミックス
森永ホットケーキミックス
森永製菓

同社の広報担当者は「ミックス粉を一緒にいれると、卵を溶かそうとして生地を混ぜすぎてしまうため、牛乳や卵を先に入れた方が良いです。生地は混ぜすぎると、ホットケーキを焼いたときに膨らみにくくなります」と話します。

ホットケーキは、ミックス粉の中にあるベーキングパウダー(膨張剤)から炭酸ガスが発生し、焼いている間に生地を持ち上げることでふんわり膨らむ仕組みで、生地を混ぜすぎると、その働きが損なわれてしまうそうです。
豆知識ですが、焼いてる途中で表面に出るプツプツとした泡は、炭酸ガスだといいます。

ふんわりホットケーキの作り方

森永製菓はYouTubeで、「夢のふんわり!!ホットケーキの作り方 ~目指せ厚さ2.3cm~」と題し、作り方を解説する動画を投稿しています。

公式ページによると、作り方は以下の通り。 

ホットケーキ3枚分の材料
・森永ホットケーキミックス  1袋(150g)
・卵(Mサイズ)  1個
・牛乳または水   100ml

ホットケーキの作り方の手順1、2
ホットケーキの作り方の手順1、2
森永製菓
ホットケーキの作り方の手順3、4
ホットケーキの作り方の手順3、4
森永製菓
ホットケーキの作り方の手順5
ホットケーキの作り方の手順5
森永製菓
ホットケーキの作り方の手順6、7
ホットケーキの作り方の手順6、7
森永製菓

1.卵と牛乳は、先に混ぜる!

ボールに卵と牛乳を入れ、よく混ぜます。

NG:ミックスを先に入れると混ぜ過ぎになってしまいます。

2.次にミックスを加え、軽く混ぜる!

20回くらい、大きくさっくり混ぜます。少しダマが残る程度でOK!

NG:混ぜすぎると膨らみが悪くなるので気を付けましょう。

3.フライパンを中火で熱し、ぬれぶきんの上で少し冷まします。

4.生地を高めから一気に落とす!

弱火にして、生地の1/3量(1枚分)を高めの位置から一気に流します。

高めから落とすことで、生地が綺麗な円に広がります。

NG:低いところから入れるとムラができてしまいます。

5.弱火で3分!泡が出たらすぐに裏返す!

弱火で約3分焼きプツプツと小さな泡がでたらひっくり返す合図です。

NG:泡が出すぎると膨らみが悪くなるので気をつけましょう。

6.ためらわず一気に裏返す!

ホットケーキを裏返すときは水平に落とすために一気に返しましょう。

NG:水平に落ちないと、焼く面が均一にならず、形が崩れてしまいます。

7.弱火で約2分焼き、火が通ればできあがり。

1月25日は「ホットケーキの日」。どうして?

森永製菓が、「寒くなるこの時期に美味しいホットケーキを食べて、心も体もあたためてほしい」との願いを込め、1月25日を「ホットケーキの日」として申請し、日本記念日協会によって制定されました。

1902年1月25日、北海道の旭川気象台で、日本の観測史上最低気温であるマイナス41度を記録したことが由来だそうです。

注目記事