桜開花、トップは東京で3月16日と予想。北・東日本ほど平年より早まる見込み

桜の開花には春の暖かさだけでなく、冬の寒さも必要です。厳しい寒さで桜の花芽の休眠打破は全国的に十分に行われているとみられます。
ウェザーニュース 第二回桜開花予想
ウェザーニュース 第二回桜開花予想
ウェザーニュース

■開花予想のポイント ■

・3/16に東京から開花スタート
・春は気温が高めで開花早まる
・強い寒気の影響で休眠打破は順調


待ち遠しい桜の季節にむけて、ウェザーニュースでは2022年「第二回桜開花予想」を発表しました。開花トップは東京の3月16日で、北日本や東日本ほど平年より早まる予想です。

過去18年間に「さくらプロジェクト」参加者から寄せられた200万通以上の桜リポートおよび名所への独自取材と、気温などの気象予測をもとに開花日を予測しています。お近くの桜がいつ頃に咲き始めるのかご参考ください。

開花時期は北・東日本ほど早い予想

ウェザーニュース

2022年のソメイヨシノの開花は北日本や東日本ほど平年より早くなるところが多い予想です。

全国的に記録的な早さで開花した昨年と比較すると、東日本や北日本では同じくらいの早さとなるところが多くなりそうです。西日本では昨年よりも遅れるところが多い見込みです。

開花トップは3月16日の東京で、17日に広島が続きます。3月下旬には西日本から東日本の各地で開花し、東北南部でも咲き始める予想です。

4月上旬には東北北部でも開花を迎え、北海道へは4月下旬に桜前線が上陸し、札幌では4月23日に開花する予想です。

名所のソメイヨシノ開花予想日
・上野恩賜公園(東京都) 3月17日
・舞鶴公園(福岡県) 3月18日
・鶴舞公園(愛知県) 3月20日
・熊本城(熊本県) 3月22日
・高知公園(高知県) 3月22日
・嵐山(京都府) 3月24日
・弘前公園(青森県) 4月17日


強い寒気の影響で休眠打破は順調

ウェザーニュース

桜の花芽(生長すると花になる芽)は気温の高い夏から秋にかけて作られ、冬になると休眠していったん生長が止まります。その後、真冬の厳しい寒さに一定期間さらされると、花芽が休眠から目覚め(休眠打破)、開花に向けて再び生長を始めます。桜の開花には春の暖かさだけでなく、冬の寒さも必要です。

この冬(12月〜1月)は12月末から度々寒気が強まり、1月の気温は平年よりも低く経過しました。東京の1月の平均気温は平年を0.5℃下回る4.9℃、大阪では平年を0.6℃下回る5.6℃となりました。厳しい寒さで桜の花芽の休眠打破は全国的に十分に行われているとみられます。

この先の気温は西日本では平年並〜やや高く、北日本と東日本では平年よりやや高い〜高い予想です。このため、桜の開花時期は北日本や東日本ほど平年より早まるところが多くなる予想です。

第三回桜開花予想は 2月中旬に発表予定です。

※本記事では、開花について以下のように定義しています。
平年:1991年〜2020年の平均値

非常に早い:基準より7日以上早い
早い :基準より5〜6日早い
やや早い :基準より3〜4日早い
並 :基準との差が2日以内
やや遅い :基準より3〜4日遅い
遅い :基準より5〜6日遅い
非常に遅い:基準より7日以上遅い

【関連記事】