米司法省が4160億円相当のビットコインを押収。ロンダリングした疑いでスタートアップ関係者夫婦を逮捕

有罪判決を受けた場合、最高25年の懲役刑が科せられる。
BRYCE DURBIN / TECHCRUNCH

米司法省は、2016年に暗号資産取引所のBitfinex(ビットフィネックス)がハッキングされて盗まれたと見られる9万4000以上のBitcoin(ビットコイン)を押収し、その盗み出した資金をロンダリングした疑いのある夫婦を逮捕したと発表した。この夫婦、Ilya Lichtenstein(イリヤ・リヒテンシュタイン、34歳)とHeather Morgan(ヘザー・モーガン、31歳)の両容疑者は、資金洗浄と米国政府への詐欺を共謀した罪に問われており、有罪判決を受けた場合、最高25年の懲役刑が科せられる。2人は米国時間2月8日の午後、マンハッタンの連邦裁判所に出廷を命じられていた。

今回押収された資産は、同日のビットコイン価格で36億ドル(約4160億円)相当となり、暗号資産では米司法省の歴史上で最大の金額にのぼると、同省は述べている。しかし、2016年のハッキングで奪われた資金の全額を回収したわけではない。盗まれたとされる11万9754枚のビットコインは、現在45億ドル(約5200億円)の価値がある。

モーガン容疑者とリヒテンシュタイン容疑者は、ハッキングの実行犯としては正式に起訴されていないが、検察はビットコインがリヒテンシュタイン容疑者の管理するデジタルウォレットに送られていたことから、容疑者を発見したと述べている。司法省は、ハッカーがBitfinexのシステムに侵入し、2000件以上の違法取引に着手した後、夫妻はコインを入手したと述べている。

リヒテンシュタイン容疑者とモーガン容疑者は、LinkedIn(リンクトイン)のプロフィールによると、ともに技術系スタートアップのエコシステムに深く関わっている。米国とロシアの二重国籍で「Dutch(ダッチ)」というニックネームで呼ばれるリヒテンシュタイン容疑者は、Y Combinator(Yコンビネーター)が支援するセールスソフトウェア企業のMixRank(ミックスランク)を設立した。Crunchbase(クランチベース)のデータとLinkedInによると、モーガン容疑者はB2Bセールスのスタートアップ企業であるSalesFolk(セールスフォーク)の創業者兼CEOであり、リヒテンシュタイン容疑者は2014年から同社のアドバイザーを務めている。また、プロフィールによると、リヒテンシュタイン容疑者は、ベンチャーキャピタルである500 Startups(ファイブハンドレッドスタートアップス)のメンターや、Ethereum(イーサリアム)ウォレットを提供するEndpass(エンドパス)のアドバイザーも務めており、モーガン容疑者はForbes(フォーブズ)やInc(インク)にコラムを執筆している。

盗まれたビットコインの3分の1以上は、リヒテンシュタイン容疑者のウォレットから「複雑なマネーロンダリングの過程を経て」送金された。その過程には、偽名のアカウントを作り、ビットコインをMonero(モネロ)などのより匿名性が高いデジタル通貨に変換する「チェーンホッピング」と呼ばれる手法が含まれていた。マネーロンダリングされなかった9万4000のビットコインは、ハッキングで得た収益を保管していたウォレットに残っていたため、捜査官は裁判所の許可を得た令状を使って広範囲なオンライン検索を行った結果、回収することができたという。

Bitfinexは2月8日の声明で、米国当局と協力して盗まれた資金を正当な所有者に返還することを試みると述べている。

司法省刑事局のKenneth A. Polite Jr.(ケネス・A・ポライト・ジュニア)司法次官補は、司法省の声明の中で、次のように述べている。「連邦法執行機関は本日、ブロックチェーンを通じて資金を追跡することが可能であること、そして、暗号資産がマネーロンダリングの安全な隠れ場や、金融システム内の無法地帯となることを決して許さないということを、改めて証明しました」。

画像クレジット:BRYCE DURBIN / TECHCRUNCH

原文へ

(文:Anita Ramaswamy、翻訳:Hirokazu Kusakabe)

【関連記事】