14歳の宇野昌磨選手は寿司を作っていた。ユースオリンピックの一幕、公式がツイート【こどもの日】

子どもの日に合わせて、オリンピックの公式Twitterが2012年の宇野選手の映像を投稿しました。

5月5日は子どもの日。

この日に合わせて、Twitter上では著名人らの子どもの頃の写真や映像が投稿されている。

そのひとりが、フィギュアスケートの宇野昌磨選手だ。

オリンピックの公式Twitterが2012年の宇野選手の映像を投稿。インスブルックユースオリンピックでの一幕だが、競技中ではない。当時14歳の宇野昌磨選手がお寿司づくりをしている。

コック帽にエプロン姿で、包丁で魚を切る様子が写っている。

ツイートは「それから10年後の北京2022で、2大会連続でのメダル獲得を達成」と称えた。

ユースオリンピックとは?

ユースオリンピックは、15歳から18歳まで(第1回夏季大会は14歳から)のアスリートを対象に4年ごとに開かれている。

2010年夏季シンガポール大会からスタートし、宇野選手が参加した2012年イスンブルック大会(オーストリア)は、最初の冬季大会だった。

宇野選手はフィギュアスケート男子SPで6位、FSで2位だった。国(各国のオリンピック委員会)や男女が混ざった混合団体にも出場し、1位に輝いた。

日本からは他にスキージャンプ女子の髙梨沙羅選手らが出場していた。

ユースオリンピックでは、選手同士の交流や文化・教育プログラムに重きを置いており、投稿された宇野選手の映像はプログラムの一環とみられる。

Popular in the Community