GW明けは西日本、東日本で雨。東京など関東で帰宅時間帯に本降りのところも

GW明けの5月9日(月)は西日本から東日本の広い範囲が雲に覆われ、雨の降っている所があります。午後は関東などを中心に本降りの雨になる見込みです。
ウェザーニュース

GW明けの今日9日(月)は西日本から東日本の広い範囲が雲に覆われ、雨の降っている所があります。午後は関東などを中心に本降りの雨になる見込みです。

九州から東北南部まで雲に覆われる

日本付近を覆っていた高気圧が東に離れ、九州に低気圧が近づいてきました。この影響で、九州から関東、東北南部の各地に雲が広がり、一部で雨が降り出しています。

低気圧に近い九州や四国は雨の所が多いものの、活発な雨雲は少なく1時間に1mm前後の弱い雨です。関東では異なる方向の風がぶつかり合うことで雲が発生し、局地的に雨雲が発達しています。千葉県南部の館山市では8時30分までの1時間に6.0mmの本降りの雨が降りました。

帰宅時間帯は関東、東海で本降りの雨

9日(月)夕方の雨雲の予想
9日(月)夕方の雨雲の予想
ウェザーニュース

西から近づいている低気圧は動きが遅く、あまり陸地には近づきません。西日本の雨は太平洋側が中心で、あまり強まることはない予想となっています。外に出る時間が短ければ、折りたたみの傘でも十分にしのげるくらいです。

一方で、関東や東海など東日本は上空の気圧の谷の影響を受け、午後は雨雲がだんだんとまとまります。帰宅時間帯にかけて本降りの雨の所が多く、沿岸部では局地的に土砂降りとなる見込みです。お帰りの時間帯に備えて、大きめの傘を準備するようにしてください。

【関連記事】

Popular in the Community