「ハチの巣」できやすい場所はどこ?危険を減らすために今するべき対策はこれ

スズメバチやアシナガバチなど、ハチの害は毎年30~40人の死者が出るほど危険性が高いもの。早期対策・駆除のためのアドバイスを専門家に聞きました。
ウェザーニュースより
ウェザーニュースより
ウェザーニュース

気がついたら家にハチの巣ができていた、なんて話を聞いたりしますが、スズメバチやアシナガバチなど、ハチの害は毎年30~40人の死者が出るほど危険性が高いものです。

家の周りのリスクを減らすため、今行うべき対策を教えていただきます。

早期発見のタイミング

昨年に続いて今年の夏も猛暑が予想され、ハチの増加が懸念されています。虫ケア用品大手のアース製薬は、家周辺でのハチ被害を減らすためには、早いうちから対策すべきだとアドバイスします。

「攻撃性が強く、危険とされるスズメバチも、今はまだ女王バチが単独か、働きバチがいても数匹レベル。巣のサイズも25cm未満で、駆除もしやすいのです」

ハチといえば集団生活をする昆虫の代表であり、巣に近寄るだけで危険なこともあります。しかし、スズメバチ、アシナガバチは、季節により数や行動が異なるのです。

「たとえば、近年都市部の市街地で見かけることが増えているキイロスズメバチは、4月上旬から5月頃までに、越冬から目覚めた女王バチが軒下や木の枝、天井裏などに巣を作り始めます。巣の働きバチはすべて女王バチが産んだ卵から羽化したものです。ですから、女王バチはたった1匹で営巣を始め、産卵、採餌、育児、防衛なども行います。

6月頃に働きバチが羽化すると、女王バチは労働から解放されて産卵に専念します。これ以降急速に個体数が増え、巣も大きくなっていきます。9月〜10月には1つの巣で1000匹を超え、巣を守ろうと攻撃的になります」

ほかのスズメバチやアシナガバチでも、女王バチ1匹で営巣を行い、増えていくというライフサイクルは共通しています。女王バチが単独行動している間に、自宅や周囲に巣がないか確かめれば、効率よく比較的安全に駆除できるといいます。

ハチの巣、どこが危ない?

ウェザーニュースより
ウェザーニュースより
ウェザーニュース

スズメバチ、アシナガバチが巣を作りやすいのは、どのような場所でしょうか。

「基本的には前年に巣を作られた場所や玄関、軒下、雨風をしのげる木の枝や茂みなどに注意しましょう。ハチの種類によって作りやすい場所が微妙に違うこともあるので、次の表も参考にしてください」

ウェザーニュースより
ウェザーニュースより
ウェザーニュース

巣を見つけたら、どうしたらよいのでしょうか。

「巣が小さいうちなら、エアゾールタイプのハチ駆除剤で巣ごと壊滅できます(※)。また、巣を作りそうな場所には1か月巣作り防止の成分を配合したスプレーもオススメです。

ただし、生垣の中や木の穴、屋根裏など巣全体が見えない場合、高所にある巣や25cm以上の大きい巣は巣穴全体に噴射するのが困難です。また、オオスズメバチも性質が凶暴で、地中に巣穴を作るので、エアゾールタイプでの駆除は行いません。ベイト剤(毒餌剤・対象はスズメバチ)を使うことをおすすめします」

スズメバチ、アシナガバチは刺されると非常に痛く、全身に症状の出るアナフィラキシーショックのおそれもあります。この時季に家の周囲をこまめにチェックして、早期発見できれば専門業者に頼んでも費用負担が軽くなります。

※自分で駆除する場合は、必ず皮膚の露出しない防護服、手袋、長靴、保護メガネ等(いずれもスズメバチの針が皮膚まで届かないもの)を着用し、日没後に行ってください。また、巣のサイズが25cmより小さいことを確認するようにしましょう。

関連記事