台風4号、5日頃に九州に上陸の可能性。太平洋側で大雨のおそれも

台風4号(アイレー)の影響で、5日(火)から6日(水)は西日本、6日(水)から7日(木)にかけては東日本の太平洋側を中心に雨雲が発達しやすく、梅雨の期間にはなかったような大雨となるおそれがあります。
台風4号の予想進路
台風4号の予想進路
ウェザーニュース
7月3日(日)15時現在、台風4号(アイレー)は沖永良部島の西北西の海上を北寄りに進んでいます。

沖縄本島では台風の中心が離れたものの、本島周辺にはまだ活発な雨雲があり今後も雨が強まる可能性があります。断続的に雨が強まるおそれがあるため、警戒が必要です。

今週は進路を東寄りにかえて、九州など西日本に近づくおそれがあるものの、予報円が大きく予測の不確実性は高くなっています。(予報円の大きさは進路の不確実性を表しており、台風の大きさや強さとは関係がありません。)

▼台風4号 7月3日(日)15時現在
中心位置 沖永良部島の西北西約190km
大きさ階級 //
強さ階級 //
移動 北北西 ゆっくり
中心気圧 996 hPa
最大風速 18 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 25 m/s
» 最新の台風4号情報

中心から離れた所でも激しい雨

雨雲レーダー 3日(日)15時
雨雲レーダー 3日(日)15時
ウェザーニュース
今回の台風は中心付近にあまり発達した雲がみられず、少し離れた所に分布している特徴があります。

台風の南側に広がる活発な雨雲が沖縄本島を通過し、那覇では12時30分までの1時間に9.0mmの雨を観測しました。

台風は離れていっていますが、このあとも沖縄本島や奄美付近では急激に雨が強まるおそれがあります。道路冠水や河川の急な増水、強風による飛来物などに警戒が必要です。

また、強風や高波への備えも欠かせません。

今週は西日本、東日本で大雨のおそれ

6日(水)の予想降水量
6日(水)の予想降水量
ウェザーニュース
週明け5日(火)以降の台風の進路、勢力は不確実性が大きくなっています。今後はあまり発達しない見通しですが、夏の太平洋高気圧が弱まる影響が加わり、日本付近には暖かく湿った空気が断続的に流れ込む見込みです。

5日(火)から6日(水)は西日本、6日(水)から7日(木)にかけては東日本の太平洋側を中心に雨雲が発達しやすく、梅雨の期間にはなかったような大雨となるおそれがあります。

台風の進路が定まってくると、大雨のエリアも明確になってきます。こまめに最新の気象情報を確認し、大雨の可能性が高まってきたら早めに対策を進めるようにしてください。

台風3号は熱帯低気圧に

7月3日(日)15時現在、台風3号は熱帯低気圧になりました。今後も日本への影響はない見込みです。
» 台風・熱帯低気圧情報をアプリで見る

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風4号の名前「アイレー(Aere)」は米国が提案した名称で、「嵐」を意味するマーシャル諸島の言葉からとられています。
» 台風情報をアプリで見る

【関連記事】