「朝ドラ受けを諦めるつもりはありません」。博多大吉さん、心配するファンを安心させる一言を言い放つ

最近では“受け”のない日もあっただけに、楽しみにしているファンから「よく言った!」と反響が寄せられています
NHK放送センター(東京都渋谷区)
NHK放送センター(東京都渋谷区)
時事通信社

毎朝のように感想を楽しみにしているファンも多い、いわゆる“朝ドラ受け”。朝ドラの直後の情報番組『あさイチ』ではMC陣の感想が度々話題となる。

最近では“受け”のない日もあり、SNSでは一部で心配する声もあがっていたが、司会を務める博多大吉さんがファンの不安を払拭する一言を放った。その言葉に反響が寄せられている。

「我々も朝ドラ受けを諦めるつもりはありません」

※以下では一部ネタバレを含みます。放送中の朝ドラはNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』。7月26日は第77話が放送された。

第77話では黒島結菜さん演じる主人公の暢子は宮沢氷魚さん演じる和彦との結婚を決め、鈴木保奈美さん演じる和彦の母である重子の家を2人で訪れる。

重子は初対面の暢子に対し「結婚は許さない」と言い放つ。理由は家柄が違いすぎるというものだった。重子を説得するため、暢子は美味しいものを作って重子に食べてもらうという作戦を思いつくという展開だった。

『あさイチ』の26日の放送は、鈴木奈穂子アナと博多華丸・大吉さんのMC3人の「スリーショット」からスタート。いつもの挨拶を済ませると開口一番、ドラマの内容を受けた。

博多大吉さんが「何作るのかなぁ。(華丸さん:「カレーかな?」)あの時間からなら、そうめん茹でるくらいしか私はないような気がしますけども」と話すと、鈴木アナは「明るいですね、暢子はね。いつの時もすごいな」と返した。

大吉さんはその後、「我々も朝ドラ受けを諦めるつもりはありません」とコメント。物語の暢子の様子とかけて、簡単には諦めないと明言したのだった。

大吉さんの発言の直後、スタジオからは笑い声も聞こえていた。

これに対しSNSでは「思わず爆笑」「よく言った!」「なんかスッキリしたな。大吉さんさすが」「続けてください」などと様々な反応が寄せられていた。

最近の『あさイチ』の放送では、番組が特集のVTRから直接始まる構成などもあり、“受け”のない日もあった。