台風8号、13日夕〜14日の進路と天気は?東京など広い範囲で激しい雨の見込み

台風8号(メアリー)は、1時間あたりおよそ20キロの速さで北東に進んでいる。東海地方では13日夜にかけて線状降水帯が発生するおそれがあり、気象庁は警戒を呼びかけている。
|
台風8号の今後の予想進路(8月13日午後3時50分時点)
台風8号の今後の予想進路(8月13日午後3時50分時点)
気象庁の公式サイト

台風8号(メアリー)の中心は、8月13日午後5時半ごろ静岡・伊豆半島に上陸した。1時間あたりおよそ20キロの速さで北東に進んでいる。14日夜にかけて関東を通過し、東京など広い範囲で激しい雨が降る見込み。

13日夕方〜14日にかけての進路と、東海や関東の天気情報をまとめた。

進路と天気は?

気象庁の13日午後5時時点の発表によると、台風8号の中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。暴風域を伴ってはいないものの、中心の東側390キロと西側165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

台風8号は14日未明にかけて、東日本の太平洋側を北東に進む見込み。気象庁は、静岡県内では土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水や河川の増水・氾濫、うねりを伴った高波に警戒するよう呼びかけている。

さらに東海地方では、13日夜にかけて線状降水帯が発生して「大雨災害の危険度が急激に高まる可能性がある」としている。

関東甲信では、13日夜遅くにかけて雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる見込み。気象庁は14日明け方にかけて、土砂災害や低い土地の浸水などに注意するよう求めている。落雷や竜巻などの激しい突風にも警戒が必要としている。

13日午後6時〜14日午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多いところで

▽関東甲信地方、東海地方 150ミリ
▽東北地方 100ミリ

と予測している。

東海地方で線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに降水量が増えるおそれがあるという。

台風は今後も北東へ進行する予報。14日には台風が離れて、関東などは天気が回復して青空の広がる所が多くなる見通し。15日には温帯低気圧に変わる見込みとなっている。

お盆休みの期間中で、外出の予定を立てている人も多い時期。台風の進路などの最新情報を確認し、安全確保を最優先することが重要だ。