「希望と行動が世界を変える」朝日地球会議2022開催

世界の「知の巨人」らを招いて社会課題の解決を考える国際シンポジウム「朝日地球会議2022」が、10月16日(日)~19日(水)に開催されます。

世界の「知の巨人」らを招いて社会課題の解決を考える国際シンポジウム「朝日地球会議2022」が、10月16日(日)~19日(水)の4日間にわたり、オンラインで開催されます。視聴は無料です。

新型コロナウィルス感染症の影響に加えて、ロシアのウクライナ侵攻も始まり、混迷する世界状況の中でどう私たちは生きていくのか。昨年に続いてメインテーマを「希望と行動が世界を変える」とし、20以上のセッションが予定されます。

主催は朝日新聞社、ハフポスト日本版も協力しています。

セッション『世界の知が読み解くコロナ後の時代』に登壇するのは、ブランコ・ミラノビッチ(経済学者)、エマニュエル・トッド(人類学・歴史学者)、ジャック・アタリ(経済学者、思想家)、マルクス・ガブリエル(ボン大学哲学正教授)の4氏。インタビュー動画を上映しながら、パネル討論を行い議論を深めます。討論のコーディネーターはキャスターの長野智子さん。

また、落合陽一(筑波大学准教授)、中室牧子(慶應義塾大学教授)の両氏が登壇するセッション「『幸せ』に生きるための教育とは?」 ではハフポスト日本版編集長の泉谷由梨子がコーティネーターを努めます。

オンライン視聴申し込みはこちらから。主なセッションのテーマと登壇予定者は以下の通り。(敬称略)

【10月16日(日)】

◇「世界の知が読み解くコロナ後の時代」【第1部】 エマニュエル・トッド、マルクス・ガブリエル両氏のインタビュー動画を会場で上映した後、與那覇潤(評論家)、市原麻衣子(一橋大学大学院法学研究科教授)らがパネル討論します。

◇「世界の知が読み解くコロナ後の時代」【第2部】 ブランコ・ミラノビッチ、ジャック・アタリ両氏のインタビュー動画を会場で上映した後、小川さやか(立命館大学大学院先端総合学術研究科教授)、東浩紀(批評家・作家)らがパネル討論します。

◇「私らしい暮らしのために 新しい介護へ」 メイプル超合金・安藤なつ(お笑い芸人)、堀田聰子 (慶應義塾大学大学院教授)

◇「『幸せ』に生きるための教育とは?」 落合陽一(筑波大学准教授)、中室牧子(慶應義塾大学教授)

◇「どうなってるの ロシアのいま」 小泉悠(安全保障研究者)、あしや(ロシア人YouTuber)ほか

【10月17日(月)】

◇「ポスト・コロナを生きるためのグローバルヘルス」 辻愛沙子(株式会社arca 代表取締役 / クリエイティブディレクター)、坂元晴香(東京女子医科大学グローバルヘルス部門准教授)、茶山美鈴(早稲田大学3年、Health for all.jp代表)、柏倉美保子(ビル&メリンダ・ゲイツ財団日本常駐代表)

◇「世界の知が読み解くコロナ後の時代」 ジャック・アタリ(経済学者、思想家)

◇「子どもの貧困――100年後もあっていいの?」 ブレイディみかこ(在英コラムニスト)

【10月18日(火)】

◇「気候危機と戦争で揺れる世界」 高村ゆかり(東京大学教授)ほか *特別共催:東京大学未来ビジョン研究センター

◇「世界の知が読み解くコロナ後の時代」 ブランコ・ミラノビッチ(経済学者)

◇「テクノロジーと社会―未来をどうつくる」 石黒浩(ロボット工学者、大阪大学教授)、ユヴァル・ノア・ハラリ (歴史学者・哲学者、ヘブライ大学教授) *特別共催:国際交流基金

【10月19日(水)】

◇「AIが広げる社会参加~ワクワクの技術で『誰一人取り残さない』」 浅川智恵子(日本科学未来館館長、IBMフェロー)ほか

◇「世界の知が読み解くコロナ後の時代」 エマニュエル・トッド(人類学・歴史学者)

◇「『今さら』を『今こそ』に リンダ・グラットン教授に聞く、人生100年時代の歩き方」 リンダ・グラットン(ロンドン・ビジネススクール経営学教授)

◇「世界の知が読み解くコロナ後の時代」 マルクス・ガブリエル(ボン大学哲学正教授)