korona

Twitterは「ポリシー」のなかで「損害をもたらす可能性のある、COVID-19についての誤った情報や誤解を招く情報を共有することは禁止されています」と明言している。
コロナ禍により、途上国で女の子の「早すぎる結婚」が増えている。それを食い止めるべく地域の自立を進めている国際NGOプラン・インターナショナルの取り組みに迫る
PRESENTED BY プラン・インターナショナル
11月には、コロナの影響で延期されていたCOP26(国連気候変動枠組み条約締結国会議)も予定されている。そこに向けて各国政府は何をすべきか。
「道具選びは、自分の核を決めていく作業」ライフスタイリストの大田由香梨さんが語る、withコロナ時代のポジティブな生き方とモノ選びの方法。
PRESENTED BY Microsoft Surface
もしもネット上で陰謀論を拡散する人を見かけたら、まずは論理的に事実を示すべきだ。相手が意見を変えたなら、もうそれ以上は触れない。決して「論破」してはいけない。
新型コロナ対策の感染症法改正、特措法改正の議論が国会ではじまる。厳罰化を伴う法改正、方針変更は自粛警察、過剰な同調圧力にお墨付きを与えるという帰結にならないだろうか。
2度目の緊急事態宣言は、文化芸術関係者にも大きな打撃となることが見込まれます。関係者が会見を開き、厳しい現状を訴えました。
人気ブランドから続々発売されている布マスク。何度も洗えてエコで、飛沫防止効果も期待できると注目されています。立体裁断で小顔効果のあるもの、肌あたりのやさしいガーゼタイプなど、おすすめの布マスクを厳選しました。お気に入りの素材や色柄を選んで、毎日のマスク生活を快適に過ごしましょう。
ハフコレ編集部
本来、寄り添うはずの福祉が高いハードルを突きつけていた。なぜ、杉並区でこのような謎のローカルルールがまかり通ってしまっていたのだろうか。