見上げてみて!「木星」が見頃。27日に迎える「衝」とは?【解説】

9月27日、「木星」が「衝(しょう)」を迎え、見頃となります。「衝」とは一体何?気になるお天気は?解説します。
ウェザーニュースより
ウェザーニュースより
ウェザーニュース

今日27日(火)、太陽系最大の惑星である「木星」が「衝(しょう)」を迎え、見頃となります。

「衝」とは、太陽系の天体が地球から見て太陽とちょうど反対側になる瞬間のことです。太陽が沈むころに東の空から昇り、日の出の頃に西の空に沈むため、一晩中みることができます。

衝の頃の木星は約マイナス3等の明るさで輝き、星空の中でも大きな存在感を放ちます。

気になる天気は?

27日(火)22時頃の天気分布
27日(火)22時頃の天気分布
ウェザーニュース

西から雨雲の範囲が東に移動し、夜は中部や近畿を中心に雨が降る予想です。そのほか東北から九州にかけて雲が広がり、すっきりとした空で木星を鑑賞するのは難しそうです。

関東南部や静岡県もだんだんと雲が広がりますが、早い時間であれば沿岸中心に見られるところがあるとみられます。

北海道、沖縄などでは晴れて輝く木星が楽しめそうです。

木星のまわりには「土星」や、みなみのうお座の1等星「フォーマルハウト」も輝いているので、前後の晴れた日にはぜひ空を見上げてお楽しみください。
» アプリ 30時間先までの雨雲レーダー

参考資料など
国立天文台「ほしぞら情報」https://www.nao.ac.jp/astro/sky/

【関連記事】

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。