サッカーの試合終了後に暴動発生、125人が死亡。「ほとんどが圧死」インドネシア【UPDATE】

【UPDATE 2022/10/03 09:30】インドネシア国家警察は死者数について125人だったと発表した。当初、地元の州当局が174人としていたが修正した。
|

インドネシア・東ジャワ州で10月1日、サッカーの試合後にサポーターがスタジアムに乱入する騒ぎがあり、少なくとも129人が死亡した。AP通信によると、機動隊が催涙ガスを使用したところ避難口に人が殺到したという。

インドネシア・東ジャバ州のサッカー場で起きた暴動の様子
インドネシア・東ジャバ州のサッカー場で起きた暴動の様子
STR via Getty Images

インドネシアサッカー協会(PSSI)の発表によると、10月1日夜、サッカーのインドネシア・プレミアリーグの試合後にサポーターがスタジアムになだれ込んだ。

AP通信などによると、この騒ぎに現地の機動隊も出動。催涙ガスを使用するなどして鎮圧を図ったが、これまでにサポーターと警察官あわせて129人の死亡が確認されているという。

AP通信は現地警察当局の話として、催涙ガスを使用したことでサポーターらがパニック状態に陥り、避難口に殺到していたという情報を伝えている。また、亡くなった人の多くが圧死だった。

インドネシアサッカー協会は警察の捜査に協力していくと表明。BBCによると「(事件は)インドネシアサッカーの顔に泥を塗った」ともしている。

【UPDATE 2022/10/03 09:30】
インドネシア国家警察は死者数について125人だったと発表した。
当初、地元の州当局が174人としていたが修正した。

―――

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。