点字ブロックをよ〜く探すと、アンパンマンが隠れてた。その理由とは?【アンパンマンの日】

「未就学のお子様たちは好奇心が旺盛で、施設内の大きな仕掛けから小さなものまで気づいて、見つけると『こんなところにアンパンマンがいる!』と笑顔をこぼします」と担当者。
よく探すと、アンパンマンの顔が見つかる点字ブロック=仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール
よく探すと、アンパンマンの顔が見つかる点字ブロック=仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール
©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

10月3日は「アンパンマンの日」。インターネット上でしばしば、「たくさんの丸が並んだ点字ブロックをよ〜く見たら、アンパンマンの顔があった!」といった体験が話題になっているのを知っていますか。

気付くとうれしい粋な小ネタを仕込んだ理由について、施設の担当者に聞きました。

◆じっくり探すと、確かにアンパンマンの顔!

丸が並んでいる点字ブロックは、「警告ブロック」や「点状ブロック」と呼ばれます。危険箇所や誘導対象施設等の位置を示す狙いで、階段や横断歩道の前、誘導ブロックが交差する分岐点、障害物の前、駅のホームの端などに設置されています。

アンパンマンの点字ブロックは、普通の点字ブロックに何個かアンパンマンの顔がが隠れているような仕様になっています。

点字ブロックの写真をじっくり探すと、たしかにアンパンマンの顔がありました。

アンパンマンの顔が隠れている点字ブロック
アンパンマンの顔が隠れている点字ブロック
©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

仙台アンパンマンこどもミュージアム&モールでは、ミュージアムの出口や「ドキンズハートシェイプカフェ」のスロープなどに設置しているといいます。

アンパンマンの点字ブロックが設置されている、仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール
アンパンマンの点字ブロックが設置されている、仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール
©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
ドキンズハートシェイプカフェ
ドキンズハートシェイプカフェ
©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
ドキンズハートシェイプカフェにある点字ブロック
ドキンズハートシェイプカフェにある点字ブロック
©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

◆「こんなところにアンパンマンがいる!」という仕掛けの一環と担当者

なぜこんな小ネタを仕込んでいるのでしょうか。

神戸アンパンマンこどもミュージアム&モールの広報担当者は、ハフポスト日本版の取材にこう話します。

「未就学のお子様たちは、好奇心が旺盛で、施設内の大きな仕掛けから、小さな仕掛けまで気づいて、見つけたら笑顔がこぼれます。『こんなところにアンパンマンがいる!』という喜びを色んなところに仕掛けており、その一つが、この点字ブロックとなっております。他にも、隠れたアンパンマンや仲間たちが館内の壁や床に隠れていたり、アンパンマンのお話の中にでてくる『勇気の花』が1つだけ咲いていたりします。ぜひ、楽しんでみてもらえたら嬉しいです」

◆「視覚障害者には認識できないアート」と指摘する声も

SNSでしばしば話題になるアンパンマンの点字ブロック。その中には批判的な声もありました。

点字ブロックは本来、視覚障害者が安全に移動できるようサポートする目的で設置されています。アンパンマンの点字ブロックも足で踏むものなので、本来の利用者である視覚障害者が発見することが難しいためです。

「点字ブロックに刻印されていても、目の不自由な方は気付かないと思うとなんだか切ない」といったツイートや、「視覚障害者の生活に必要な点字ブロックが、視覚健常者のみに認識できるアートとして利用されてるのは皮肉」といったツイートも見受けられています。

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。