フレディ・マーキュリーの死から31年。駅弁を食べる姿や伝説のライブ、15枚の写真と動画で振り返る

「天国に行きたいかって?ノー。行きたくないね。地獄のほうがずっといい」
|

ロックバンド・クイーンのフロントマンだったフレディ・マーキュリーが1991年に死去し、11月24日で31年が経った。AIDS(後天性免疫不全症候群)の合併症によるもので、病気を公表した翌日のことだった

2018年には伝記的映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大ヒット、2022年10月13日には1988年に録音されたまま未発表だった「Face It Alone」が新曲として発売──。彼の残した歌やライブパフォーマンスは今なお色褪せない。

クイーンのナンバーを再生しながら、写真と動画でフレディの軌跡を振り返ろう。日本を愛したことでも知られるフレディ。来日した際に撮影された名古屋城前での写真や、けん玉に興じる様子が収められた動画なども紹介する。

■クイーン結成前

1969年、クイーン結成前、「Ibex」というバンドにいた頃のフレディ・マーキュリーとバンドのメンバーら。中央右寄りで腕を組む、白い長袖Tシャツに赤いベルト、黒いパンツ姿がフレディ。
1969年、クイーン結成前、「Ibex」というバンドにいた頃のフレディ・マーキュリーとバンドのメンバーら。中央右寄りで腕を組む、白い長袖Tシャツに赤いベルト、黒いパンツ姿がフレディ。
Redferns

クイーン結成前は、「Ibex(アイベックス)」というバンドに所属していた。メンバーらと撮影した写真が残されている。

■凄まじい個性、新しさで人気が爆発

クイーンの母体となったのは、ギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーが在籍した「スマイル」というバンド。HMV&BOOKS onlineによると、1970年にスマイルが自然消滅したことから仕事仲間だったフレディに声をかけ、1971年にベーシストのジョン・ディーコンが加入し、「クイーン」は形づくられていった。

『rockin’on』2021年5月号によると、フレディは1981年のインタビューで結成時の思いを「欲しいのはひとつ、てっぺんだけだった」と振り返っている。

フレディの魂こもった繊細で力強い歌声、個性的なパフォーマンス。斬新な音楽と個性は賛否両論も呼んだが、1975年に発売されたシングル「ボヘミアン・ラプソディ」などで人気が爆発した。

写真からもその熱気が伝わる。ライブでの特徴的な衣装が記憶に残る人も多いのではないだろうか。

1975年、イギリス・ロンドンでのパフォーマンス
1975年、イギリス・ロンドンでのパフォーマンス
Getty Images
1975年11月29日、ロンドンにて。この衣装はフレディ・マーキュリーが着ていたものの中で最も有名なものの一つだろう。
1975年11月29日、ロンドンにて。この衣装はフレディ・マーキュリーが着ていたものの中で最も有名なものの一つだろう。
Redferns
1977年12月18日、アメリカ・カリフォルニアでのライブ
1977年12月18日、アメリカ・カリフォルニアでのライブ
Getty Images
1980年8月30日、カナダ・トロントでのライブ
1980年8月30日、カナダ・トロントでのライブ
Toronto Star via Getty Images

■映画のクライマックスでも描かれた伝説のパフォーマンス「ライブ・エイド」

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のクライマックスとしても描かれた「ライブ・エイド」での20分ほどのパフォーマンスは、「伝説」と評されることも多い。

ライブ・エイドは1985年7月13日に行われたエチオピア飢餓救済のチャリティで、クイーンはロンドンのウェンブリー・スタジアムで参加。1986年4月12日付の朝日新聞によると、テレビを通じて世界で約15億人が見たと推定されるという。

インタビューなどからフレディの言葉を集めた『フレディ・マーキュリー 自らが語るその人生』によると、フレディはライブ・エイドへの出演について「ひとはときに自分の無力さを痛感する。僕にとってこれはたぶん、自分にも小さな役割が果たせるということを示す、僕なりの形なんだと思う。僕は誇りを持って歌う」と語っていた。

1985年7月13日、ライブ・エイドでのパフォーマンス
1985年7月13日、ライブ・エイドでのパフォーマンス
Redferns

ライブでは「Bohemian Rhapsody」「Radio Ga Ga」「Hammer To Fall」などを披露し、観客を魅了。ライブ・エイドの公式YouTubeでクイーンのパフォーマンスが一部公開されている。この熱気を見てほしい。

フィナーレでは、U2のリードボーカル・ボノ、ポール・マッカートニーなど他の出演者とともに舞台に上がった。舞台裏で、映画にも登場したボーイフレンドのジム・ハットンとともに映る写真も残されている。

ライブ・エイドのフィナーレでパフォーマンスするフレディ・マーキュリー。左端のマイクを持つ男性はU2のリードボーカル・ボノ、その右隣はポール・マッカートニーだ
ライブ・エイドのフィナーレでパフォーマンスするフレディ・マーキュリー。左端のマイクを持つ男性はU2のリードボーカル・ボノ、その右隣はポール・マッカートニーだ
PA Images via Getty Images
ライヴ・エイドのバックステージでのフレディ・マーキュリー。左端の黒いタンクトップの男性は、映画『ボヘミアン・ラプソディ』でも登場したボーイフレンドのジム・ハットン
ライヴ・エイドのバックステージでのフレディ・マーキュリー。左端の黒いタンクトップの男性は、映画『ボヘミアン・ラプソディ』でも登場したボーイフレンドのジム・ハットン
Getty Images

■名古屋城、けん玉、駅弁…日本とフレディ

日本の伝統や美術品を好んだというフレディ。

産経ニュースは日本人元ボディーガードの話として、大阪で公演がある際には休みがあると京都に出かけ、骨董品店を回るなどしていたと伝えている。

フレディ在籍時のクイーンは6度来日。フレディはプライベートでも1度来日している。

1975年の初来日では、名古屋城の前でジョン・ディーコン、マネージャーと写真に収まった。公式YouTubeチャンネルに公開されている動画「Japan 1975」では、けん玉をしたり、お茶会をしたりする様子が残されている。

1975年4月22日、名古屋城の前で。左からジョン・ディーコン、フレディ・マーキュリー、マネージャーたち
1975年4月22日、名古屋城の前で。左からジョン・ディーコン、フレディ・マーキュリー、マネージャーたち
Getty Images
1975年4月22日、ホテルの庭でお茶を楽しむクイーンのメンバー。右から、フレディ・マーキュリー、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ジョン・ディーコン
1975年4月22日、ホテルの庭でお茶を楽しむクイーンのメンバー。右から、フレディ・マーキュリー、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ジョン・ディーコン
Koh Hasebe via Getty Images

1976年のツアーでは、着物でパフォーマンスしたことも。金屏風を背景に、樽酒の前で枡を掲げる写真も残っている。

1976年3月30日、ホテルパシフィック東京で。金屏風を背景に、樽酒を前にますを掲げるメンバーたち。左から、ロジャー・テイラー、ブライアン・メイ、フレディ・マーキュリー、ジョン・ディーコン
1976年3月30日、ホテルパシフィック東京で。金屏風を背景に、樽酒を前にますを掲げるメンバーたち。左から、ロジャー・テイラー、ブライアン・メイ、フレディ・マーキュリー、ジョン・ディーコン
Getty Images

1982年の来日では、なんと駅弁を食べる写真まで。大阪から名古屋に移動中の車内で、膝に駅弁を乗せて蓋を開け、スプーンかフォークのようなものをくわえておどけた表情を見せている。

アルバム「ホット・スペース」のツアーで、大阪から名古屋への移動中に駅弁を食べるフレディ・マーキュリー
アルバム「ホット・スペース」のツアーで、大阪から名古屋への移動中に駅弁を食べるフレディ・マーキュリー
Getty Images

よく見てみると、駅弁の蓋には新幹線のイラストが書いてあり、横の小さなテーブルにはビールが置かれている。

この写真が撮影された当時の状況について、ムック本「クイーン ライヴ・ツアー・イン・ジャパン 1975-1985」では、フレディはサントリー生の350ml缶と1000円の駅弁を食べたと説明されている。

1985年、ツアーで来日した際には、ファンと交流する様子も。はにかんだような柔らかい表情だ。

1985年5月、ファンと交流するフレディ・マーキュリー
1985年5月、ファンと交流するフレディ・マーキュリー
Getty Images

クイーンとしての来日は1985年が最後となったが、フレディは翌1986年、プライベートで来日。ロンドンの自宅にあるという日本庭園や和室のためのショッピングリストを見せる写真が残されている。「japanese chests(和だんす)」などの文字も。

1986年の来日で、ショッピングリストを見せるフレディ・マーキュリー
1986年の来日で、ショッピングリストを見せるフレディ・マーキュリー
Getty Images

■何年経っても色褪せない

ライブ・エイドでのパフォーマンス
ライブ・エイドでのパフォーマンス
Getty Images

パフォーマンスからは破天荒なイメージも受けるが、フレディは繊細で引っ込み思案だったとも言われる。

バンドメンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーは揃って、バンド内で言い争うことが多かった彼ら2人を仲裁するのはフレディだったと『rockin’on』2021年5月号で語っている。

彼らはフレディの死を実感できず、ロジャーは「ブライアンも僕も、乗り越えるまで5年かかった。呆然としていた。90年代は僕にとっては失われた10年のようなものだ」とコメントしている。

では生前フレディは、「死」についてどう考えていたのか。

『フレディ・マーキュリー 自らが語るその人生』に掲載された言葉を追うと、自らの死について言及するときのフレディは、どこか飄々としている。

「天国に行きたいかって?ノー。行きたくないね。地獄のほうがずっといい。考えてごらんよ、君がそこでどんなに面白い人たちと会うことになるのかさ(笑)」

「『どうしよう!僕が死んだら、僕のこと、みんな覚えていてくれるだろうか?』なんてことは、まったく思わない。全ては彼ら次第。僕が死んで、誰が気にする?僕はしないね」

しかし31年経った今も、フレディの残した音楽、パフォーマンス、生き様は、多くの人の心を動かし続けている。