敗戦後もサッカー日本代表は「礼」を忘れなかった。森保一監督はお辞儀、ロッカールームには最後の折り鶴【ワールドカップ2022】

勝利しても敗れても「礼」を大切にすることは変わらない。それが日本代表。森保一監督は深くお辞儀して声援を送ったサポーターに感謝した。
|
日本代表を率いる森保一監督
日本代表を率いる森保一監督
Kaz Photography via Getty Images

【関連記事】森保一監督は試合後、三笘薫選手を抱きしめていた。期待と重圧、様々な思いが集約された一枚がこれだ(ワールドカップ2022)

サッカー日本代表は日本時間12月6日、カタール・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦(ラウンド・オブ16)でクロアチア代表と対戦し、1-1(PK戦1-3)で敗れた。

W杯初のベスト8進出をかけた一戦。あと一歩のところで敗れた悔しさが残る中、森保一監督をはじめ、スタッフやサポーターたちの敗戦後の振る舞いが注目を集めた。

敗戦後も「礼」を忘れず。森保監督は深くお辞儀した

チームを決勝トーナメントへ導いた日本代表の森保監督。試合中にメモをこまめに取る姿や、ハーフタイムにロッカールームで選手達を言葉で鼓舞する姿が印象に残った。
クロアチア代表との戦いはPK戦という紙一重の勝負の末に敗れた。勝負が決した後、失意に暮れる選手もいる中で森保監督は円陣を組み、代表選手たちに言葉を残した。
そんな森保監督、カタールで選手達に声援を送ったサポーターに深くお辞儀をした。悔しい敗戦後も、感謝を伝えることを忘れない姿を、海外のメディアも伝えている。
サポーターに向かって深くお辞儀する森保一監督
サポーターに向かって深くお辞儀する森保一監督
Julian Finney via Getty Images

まさに「立つ鳥跡を濁さず」、最後の折り鶴も...

グループリーグから話題となった日本のロッカールーム。今大会も、試合後には綺麗に清掃された上で整理整頓され、日本語と現地の言葉で「ありがとう」とメッセージを残し、折り鶴も添えられていた。

決勝トーナメントの激闘の後でも、それは変わらなかった。FIFAワールドカップの日本語版公式twitterは「初志貫徹」とつづり、画像付きでツイートしていた。

グループリーグ初戦の前、キャプテンを務めた吉田麻也選手は「グッドルーザーはもういい」などと発言。勝利や結果で評価されたいとしていた。

今大会は惜しくもベスト8入りを逃したが、ドイツやスペインの強豪に勝利し、その結果でも大きな関心を集めた。日本は確実に強くなっているということを感じさせる大会だった。

だが、勝利しても敗れても、「礼」を大切にする姿勢は変わらない。それが“サムライブルー”。サッカー日本代表なのだろう。

ホームページへ