仕事に不満があるのに何も行動しない。最新ワークトレンド「リゼンティーズム」 もしかしてあなたも?

「静かなる退職」に続く職場トレンドである「リゼンティーズム」。不満を軽減するための5つのステップも紹介します。
イメージ画像
Malte Mueller via Getty Images
イメージ画像

職場で不満を感じることは何も新しい現象ではない。

でもそれを表す新たな言葉が誕生した。その名も「リゼンティーズム(Resenteeism)」だ。

これは、何らかの健康問題によって生産性が低下している状況を意味する「プレゼンティーズム(Presenteeism)」にひねりを加えた、2023年バージョンと言えよう。

イギリスの人事協会CIPDによるパンデミック以前の調査では、80%以上の社会人がプレゼンティーズムが自分の職場で実際に問題になっていると答えていた。この言葉はその後、ロックダウン期間中に広まり、体調が悪いのに出勤するのは生産性を下げるだけと人々は疑問を抱くようになった。

そして3年後の今、新たな言葉が生まれたのだ。

「リゼンティーズム」は、仕事の現状に不満を感じているのに、それに対して何も行動を起こさず、働き続けている状況を指す。

この造語の生みの親である従業員管理ソフトウェア会社のRotaCloudは、プレゼンティーズムにより病気などがオフィス内に蔓延するのと同様に、リゼンティーズムの不満な態度や気分が広まる可能性があると指摘している。

従業員のこうした「不満」の要因は、仕事の不安や新たなチャンスの少なさなど様々な理由が考えられる。しかしRotaCloudは、パンデミックによって雇用が大きく変化し、アメリカやイギリスなどで多くの人が一斉に離職した「大量離職」の影響が大きいと示唆する。

残された人々は今、特に企業がまだ人手不足である場合、過労や過小評価されていると感じるているかもしれない。

2021年に求職サイトIndeedが発表した「職場幸福度スコア」では、イギリスの従業員の3分の1以上が仕事に不満を持っていることが分かった。

また、物価が高騰し生活費の支払いに対する不安などから、人々は転職に躊躇する傾向にある。

こうしたリゼンティーズムの前には、最低限の仕事だけこなしそれ以上は頑張らない「静かなる退職」、そして出世や収入向上などの上昇志向を放棄し生きていく中国発の「諦め」といったワーク・トレンドが広まっていた。

では、もし実際に不満や怒りを感じていたらどうすれば良いだろうか?大丈夫。RotaCloudによると、そうした感情を軽減する方法がいくつかあるようだ。


仕事の不満を解消するための5つのステップ


1. 上司や人事とコミュニケーションをとり、不満を説明する

2. 自分が幸せになるために仕事に何を求めているのかを考え、キャリアプランやワークライフバランス、仕事のやりがいについて上司に相談する

3. 心身の健康を大切にする

4. 他の機会にも目を向ける

5. 仕事はただの仕事であることを忘れず、悩み過ぎない

こうした状況の改善は、雇用主が取り組むことでもある。RotaCloudの人事部トップであるパム・ハインズ氏は、企業が誠実さを奨励し、従業員が十分な休みを取れる環境を作り、「ポジティブな文化」で彼らを支援することが重要だと述べている。

ハフポストUK版の記事を翻訳・編集しました。

ホームページへ
訂正の連絡はこちら