豪でワニの体内から人間の遺体が見つかる。行方不明だった釣り中の人物か

キャンプ地で友人らと釣りをしていた最中に行方がわからなくなっていました
クロコダイル(イメージ画像)
クロコダイル(イメージ画像)
Thurtell via Getty Images

関連記事>>ワニの口から行方不明の2歳児が遺体で発見。母親は自宅で刺殺され、父親を殺人罪で起訴

オーストラリア・クイーンズランド州でワニの体内から、人間の遺体が見つかった。

警察は、行方不明になっていた65歳の男性とみて、身元の確認を進めている。

オーストラリアのABCニュースによると、行方不明になっていたのは65歳のケヴィン・ダーモディさんだ。

ダーモディさんは4月29日、クイーンズランド州北部のレイクフィールド国立公園にあるキャンプ地で友人らと釣りをしていた最中に行方がわからなくなった。

近くにいた友人のジョン・ペティさんは、ダーモディさんの叫び声と水の跳ねる大きな音がしたためすぐに駆けつけたが姿がなかった、とケープヨークウィークリーに説明している。

現場を捜索した環境科学局の隊員が5月1日、4.1メートルと2.8メートルの2頭のクロコダイルを射殺。クイーンズランド警察が3日に、その2頭から遺体が発見されたと発表した。

ダーモディさんが行方不明になったキャンプ地を紹介するウェブサイトには、大きなクロコダイルが頻繁に目撃されているとして、気をつけるよう注意喚起されている。 

注目記事