【じゃがいもが激ウマ】ホクホクで、箸が止まらない!「悪魔のベイクドポテト」の作り方(レシピ)

じゃがいもにドライマイクロリーフをドライマイクロリーフを加えることで食感も栄養価もぐーーーーーんとアップ!!!
食べチョク

悪魔のベイクドポテト(ドライマイクロリーフ)

▽材料(3~4人前)
ジャガイモ 4個
ドライマイクロリーフ 5g
ニンニク 1片
オリーブオイル 大さじ3
粉チーズ 大さじ1
サワーソルト 小さじ1

▽調理時間:30分

▽作り方
1. ジャガイモはよく洗い、皮ごと大きめの一口大に切り、600wのレンジで3分加熱する。ジャガイモはよく洗い、皮ごと大きめの一口大に切り、600wのレンジで3分加熱する。ドライマイクロリーフは粗みじん切り、ニンニクはみじん切りにしておく。
2. オーブンを200°に余熱している間、天板にクッキングシートを敷き、オリーブオイルを引いた上にジャガイモを並べ、ニンニク、粉チーズ、ドライマイクロリーフを振りかける。
3. 200°のオーブンで20分焼く。
4. お皿に盛り付けたらサワーソルトを振ってできあがり!穂紫蘇で飾り付けるとオシャレです♪

▽作り方のコツ・ポイント
食べ始めたら止まらないので多めに作っておくのがいいですね。
ジャガイモはキタアカリがオススメ!
【大分市の料理研究家 坂本薫さん監修】

▽このレシピの考案者
大分県 玖珠郡九重町大分県 玖珠郡九重町 マイクロリーフ農園 九重スマイルパーク フォローする

大分県の宝泉寺温泉郷で温泉熱を利用してマイクロリーフ(マイクログリーン・幼野菜・薬菜などとも呼ばれる)を常時20種以上栽培している九重(ここのえ)スマイルパークです。
農薬を使わず地域と共生できる農業を探している中でマイクロリーフと出会い、90種以上のマイクロリーフ栽培に挑戦した結果、今ではマイクロリーフの魅力にどっぷりハマってしまいました。
初めてマイクロリーフを食べる人から、マイクロリーフ大好きな人まで、満足していただけるマイクロリーフを提供します。農薬や化学肥料を使っていない土壌栽培ならではの安心安全でコクのあるマイクロリーフをぜひ食べていただきたいです!

レシピの内容はこちらから