「インサイダー」の意味、カタカナを使わない日本語の言い換えは?(外来語クイズ)

意味を知っているようで上手く説明できない外来語、今回は「インサイダー」を詳しく解説していきます。

私たちが日々使っている外来語やカタカナ語。すっかり定着した言葉もあれば、実はよく分からずに使っているという単語もあるでしょう。

外来語を他の言葉で言い換えたいときは、国立国語研究所の「外来語言い換え提案」が参考になります。

「外来語言い換え提案」は、公共の場などで使われる少し分かりにくい外来語について、言葉遣いを工夫して分かりやすい言い換えを提案するもの。国立国語研究所の外来語委員会が2003〜2006年、計4回発表し、一覧にまとめました

20年前の提案なので、一覧の中には、現在は定着している外来語もあるかもしれません。

「インサイダー」。この言葉の意味や、「日本語」で言い換えたら何というか知っていますか?

それでは見ていきましょう。

インサイダー
Huffpost Japan
インサイダー
言い換え語
内部関係者

用例

従来,政治は不透明で利権がらみでの牛耳る領域といった印象があってか一般市民の政治への思いは低迷していたが〜略〜

意味説明

集団内部の事情に通じている人

どういう集団の内部であるかを具体的に示した、「会社関係者」「業界関係者」などと言い換えることもできます。

反意語に「アウトサイダー」があるが、「部外者」と言い換えることも可能です。

証券取引の分野では「インサイダー取引」などの言い方が定着していますが、証券の知識に詳しくない人に伝える場合は、「インサイダー(内部)取引」あるいは「インサイダー取引(情報公開前に社内の人間によって株を売買すること)」のように、説明を付けて使うなどの配慮をするのが望ましいとのことです。

複合語例は次の通り。

・インサイダー情報 = 内部情報
・インサイダー取引 = 内部取引
・インサイダー規制 = 内部取引規制