トム・ハンクスが怒りを爆発。追っかけに妻を押されて「下がれ」

温厚な印象のあるトム・ハンクスさん。怒りを爆発させた姿が話題になっています。

俳優のトム・ハンクスさんが、妻リタ・ウィルソンさんを押されたことに腹を立て、怒りを爆発させた

Extra TVが投稿した映像によると、ハンクスさんとウィルソンさんは、ニューヨークの建物から出て車に向かうところを、ファンやパパラッチに囲まれた。

ウィルソンさんはその中の一人にぶつかられ、驚いたように叫び声を上げた後「やめて下さい」と伝えた。

ハンクスさんは、この出来事にすぐに反応。群衆とウィルソンさんの間に立って「下がれ」「妻を倒すのか」と強い口調で叫んだ。

ファンの一人は「自分も押されたんだ」と答えている。また、集まった人々から「トム、申し訳ない」と謝罪する声が聞こえた。

ハンクスさんとウィルソンさんは1988年に結婚。ウィルソンさんは4月に、結婚34周年を祝う画像をインスタグラムに投稿している。

また2016年に、離婚説が報じられた時には、ウィルソンさんは「私たちにとって、結婚はとても神聖なもの」と述べ、報道を否定した。

ハフポストUS版の記事を翻訳・加筆しました。