台風12号、関東・東海へ上陸の可能性高まる 週末の予定は変更を

台風接近前から雨が強まるところも

台風12号は26日(木)9時現在、日本の南の海上、沖ノ鳥島の近海を北東にゆっくりと進んでいます。中心気圧は985hPa、中心付近の最大風速は30m/sで暴風域を伴っています。

▼台風12号 26日(木) 9時現在

存在地域 沖ノ鳥島近海

大きさ階級 //

強さ階級 //

移動 北東 ゆっくり

中心気圧 985 hPa

最大風速 30 m/s (中心付近)

最大瞬間風速 40 m/s

台風12号は、発達しながら、27日(金)にかけては北東に進み、小笠原諸島に接近。その後は北から北西に進路を変え、28日(土)夜には暴風域を伴ったまま、関東や東海に接近または上陸する恐れがあります。

昨日に比べて予報円は小さくなり、進路のブレは小さくなってきました。関東か東海への上陸の可能性が高まっています。

台風の周囲を吹く東よりの風の影響で、関東や東海の山沿いでは台風接近前から雨の強まるところがありそうです。

台風は暴風域を伴ったまま接近するため、関東や東海は風雨ともに強まります。

鉄道のダイヤが乱れるなどの影響も予想されるため、早めの警戒が必要です。

また、29日(日)以降は日本海を西に進む可能性が高く、台風に向かって湿った空気が流れ込むことで、西日本でも強い雨の降るところがありそうです。

先日の豪雨による災害が大きかったエリアでは、注意が必要になります。

台風12号は週末に、関東から東海に接近・上陸する恐れが高まってきています。

夏休みの週末ということで、多くのイベントもあり、お出かけを予定されている方も多いとは思います。台風の進路にあたるところでは、電車や高速道路、飛行機など交通機関への影響も出てしまいそうです。

最新情報を確認するとともに、週末の予定の変更も検討をしてください。

ジョンダリ(Jongdari)は、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の言葉で、ひばりを意味します。

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。