NEWS
2020年04月28日 15時42分 JST

Uber Eats の支払いにPayPayが対応。アプリ内で注文から支払いまで完結。

キャッシュレス決済の利用で、現金の受け渡しによるウイルスの感染リスクも避けられそうです

Engadget 日本版

スマホ決済サービスのPayPayが5月4日より順次、Uber Technologiesが提供するフードデリバリーサービス「Uber Eats」で利用可能になります。

5月4日から大阪府と京都府、5月8日から東京都、千葉県、埼玉県を除く全てのサービス提供エリア、5月15日から東京都、千葉県、埼玉県にて利用できるようになります。

また6月以降、PayPayのミニアプリで Uber Eats が利用できるようになる予定。PayPayアプリ内で Uber Eats の注文から支払いまでを完結できるようになります。

なお Uber Eats は、配達員と利用者が接触することなく商品の受け渡しが行える「置き配」を3月に開始しており、キャッシュレス決済を積極的に導入することで、現金の受け渡しによるウイルスの伝染を避けられそうです。

(2020年4月28日 Engadget日本版「Uber Eats の支払いにPayPayが対応」より転載しました)

【関連記事】