WORLD
2021年02月09日 13時31分 JST

ザ・ウィークエンドのハーフタイムショー、演出が「まるで○○な自分」と話題に

確かにこうなる時あるな〜

アメリカ・フロリダ州で2月7日に開催された、NFL(プロアメリカンフットボールリーグ)の頂上決戦・スーパーボウルでは、ハーフタイムショーでザ・ウィークエンドが迫力のパフォーマンスを魅せた。

2021年のスーパーボウルは、新型コロナウイルスの影響で観客数を制限しての開催になった。しかしカナダ出身のスーパースターは、大勢のダンサーや花火や大掛かりなセットなど例年同様の見応えのある演出で、数々のヒット曲を披露。

その中でSNSでちょっとした話題になった一つが、ミラーに囲まれた万華鏡のような空間に入り込む演出だ。

まるでどこかに迷い込んでしまったかのようなザ・ウィークエンドに、SNSでは「これは○○の時の自分」といったミームが多数投稿された。

これは、酔っ払った時にバーでトイレを探す時の私

これはスーパーで母親を探している時の自分

 まさに玄関のベルがなって慌ててマスクを探す時の自分だ

ドン・キホーテの店内に入ったら、みんなこうなる 

駐車場で、車をとめた場所を思い出そうとしている自分

午前3時に目が覚めて、なんとか眠ろうとしている時の私の脳

手に持っている携帯を探している時の私

これはうんこが我慢できず、漏らしてしまった時にトイレを探している時の自分だろう

選挙不正を探すルディ・ジュリアーニ

明日が月曜だという現実をなんとか理解しようとしている自分…

みんながミームを投稿している時に、元ネタを探す様子

この演出の後、ザ・ウィークエンドは「I Feel It Coming」「Save Your Tears」などを披露し、最後に自身のトレードマークである赤のジャケットを着たバックダンサーとともに「Blinding Lights」を歌ってショーを締めくくった。

ミームでも話題をさらったが、パフォーマンスにも「素晴らしい」「ビジュアルもセットも曲も良かった!」と賞賛の声が多数投稿された。

ハフポストUK版の記事を翻訳・編集しました。
(翻訳・編集:安田聡子 @satokoysd