BLOG
2018年08月06日 10時34分 JST | 更新 2018年08月06日 10時37分 JST

本田圭佑、豪州1部のメルボルン・ビクトリー加入が正式決定

新天地はオーストラリアに 

Getty Images

 Aリーグ(オーストラリア1部)に所属するメルボルン・ビクトリーは元日本代表FW本田圭佑の獲得を日本時間6日午前に公式発表した。

 本田は、昨季終了後に契約満了に伴いリーガMX(メキシコ1部)のパチューカを退団。日本代表としてワールドカップ・ロシア大会出場中も自身の去就について現役続行・引退の可能性も含めて白紙であることを強調していた。

 しかしロシアW杯終了後の7月中旬にメルボルン・ビクトリーが同選手獲得に興味を示しているという報道が駆け回ると、本田の代理人や選手本人が水面下でメルボルン・ビクトリー首脳陣と交渉を行っていたことが明らかになっており、新天地決定が秒読み段階に入っていた。

 かつてイタリアの名門・ミランで「10」番を背負い、3大会連続でワールドカップのピッチに立っていた本田がオーストラリアでどのようなパフォーマンスを見せるのか、多くの日本のフットボールファンが今から心待ちにしていることだろう。

( 2018年8月6日Football Tribe Japanより転載)

関連記事

サッカー史上、最も美しいスパイクはどれ? FOX選定15つの"歴史的な"スパイクたち

どんなときも全力でクラブを支え続ける。レアル、バルサ、ミラン...サッカークラブサポーター愛称20選

サッカー史屈指の"お騒がせ男"カッサーノ。悪童が残した"カッサナータ"伝説10選

ネイマール、1秒間に130円稼ぐ男。年俸39億円なら1分、1週間、1ヶ月で買えるもの

サッカー史上、最も"酷い"デザインのユニフォーム13選。Jクラブも候補に