BLOG
2016年01月29日 15時19分 JST | 更新 2017年01月27日 19時12分 JST

BET阻害剤への耐性が生じる経路を探る

ブロモドメインによってクロマチンの修飾を読み取るBRD4などを標的とするBET阻害剤は、がんの治療薬候補として性質が調べられている。

今回K Polyakたちは、乳がんの細胞株と異種移植片マウスモデルのBET阻害剤に対する反応を調べ、トリプルネガティブ乳がん細胞株がBET阻害剤に反応することを見いだした。耐性が生じる可能性はあるが、薬剤排出、ブロモドメイン遺伝子の変異、既知のドライバー遺伝子などの機構が存在する証拠は見つからなかった。

その代わり、転写の変化や、クロマチンへのBRD4の結合のブロモドメインとは無関係な増加が起こり、それと同時にBRD4のリン酸化が亢進することが分かった。

これらの結果は、最近Natureに報告されたM Dawson、あるいはJ Zuberの研究チームの異なるがんを扱った2つの研究と共に、BET阻害剤に対する臨床反応を改善できそうな方法を示唆している。またNews & Viewsでは、J Settlemanがこれら3つの論文について論じている。

Nature529, 7586

2016年1月21日

原著論文:

Response and resistance to BET bromodomain inhibitors in triple-negative breast cancer

doi:10.1038/nature16508

【関連記事】

再発性腫瘍の治療 Nature529, 7586 2016年1月21日

がん幹細胞のサポート機構 Nature529, 7585 2016年1月14日

外因性要因とがんリスク Nature529, 7584 2016年1月7日